20代 ファッション

オフィスカジュアルレディースコーデ術20代秋!

ひと口に20代と表現しても、10代の初々しいピュア感が残る20代前半と、大人の貫禄を魅力たっぷりに演出できる20代後半とそれはさまざまなんです。それは個性や感受性がものを言うのであって一概には言えません。でも共通していることは・・・「若い!さすが20代」ということですね。


スポンサーリンク

オフィスカジュアル レディース 20代 秋!暖色Mix

カジュアルなオフィスコーデをご紹介します。20代の若き乙女たちでも、職場では時に落ち込むことがあるかもしれません。・・・そんな時でも、季節感を取り入れたオレンジで身を包んでいれば、きっと次へのステップへと繋げてくれ、あなたを励ましてくれるでしょう。

オレンジトップス×紺色スカート

引用:http://wear.jp/takakooo/8092648/

ふわーっとした袖先がなんともフェミニン!オレンジの深みがかったトップスは、シンプルなデザインで着回し力があり、どんなスカートとも相性が良いです。紺色のタイトスカートとのコントラストがきれい。ネックレスで胸元にアクセントをつけておしゃれです。

シューズはポインテッドトゥで引き締め感をプラスしています。太めベルトがエッジを効かせ、ほどよく辛みをプラスしている所にも注目です。

オレンジトップス×長め紺色タイトスカート

引用:http://wear.jp/wear10100/8542239/

暖色のオレンジ色のブラウスと、紺色ひざ下タイトスカートのコーデです。ブラウスは快活に袖をロールアップ。やる気と元気に満ち溢れています。

シューズはツヤツヤのつや感で足元からブラッシュアップ!リュクス感が漂います。ふわふわっとさせたヘアスタイルが、シャープなタイトスカートにグッドバランス!

黒トップス×オレンジスカート

引用:http://wear.jp/wear10103/8036248/

バルーンタイプの袖がボリューミーなトップスは、Vの字ネックで首元にシャープなイメージを加えてくれます。オフィスに求められる機敏さを演出。また、黒というダークカラーなので首元をすっきり見せし、重めにならないように工夫ができています。

黒のスニーカーはシンプルなデザインでコーデをごちゃごちゃにせず、すっきりと導いてくれます。

白トップス×レッドスカート

引用:http://wear.jp/archives1/7928261/

赤のスカートと合わせたのは、胸元に繊細なデザインの施されたロマンチックシャツです。白シャツはどんなときでも、清楚で清潔感を醸し出してくれます。着方はスカートにアウトさせてふわっと。そんなフェミニンの中に辛口な黒のサッシュベルトでコーデの中心にメリハリをつけています。

イエローのアウターでさらに秋らしさをプラスして。赤とイエローのコントラストが、コーデをハートウォーミングに包んでくれています。


スポンサーリンク

オフィスカジュアル レディース 20代 秋!グレーor黒

模様入りグレースカートや黒のスカートのコーデをご紹介します。モノトーンなスカートは、オフィスで真面目なあなたを演出してくれること間違いなしです!

柄入り濃いめグレースカート

引用:http://wear.jp/wear10084/8541945/

薄いピンクのブラウスはかわいいリボンがついています。リボンの先端部はシャープな鋭角。そんな細かい所から、オフィスでも機敏でテキパキなあなたを演出してくれます。袖は魅力的なフレアスリーブで揺れる繊細な動きを楽しんで。

ボトムスは波のような横のラインが素敵なスカート。濃いめグレーが都会的で品格もアップです。

柄入り薄グレースカート

引用:http://wear.jp/wear10051/7834494/

ノルディック風の細かい模様が、オフィスにぬくもりを届けてくれそうなスカートです。フレアな袖のトップスはスウェード調の肌触りがリッチ感をプラスしています。秋口のオフィスにぴったりな七分袖は、仕事の効率もアップさせてくれる期待大です。シルバーのバングルがきらりとお目見えしているのがおしゃれです。

持ち手がユニークで斬新なデザインのクラッチバッグは、デキる女を醸し出してくれるアイテム。黒でコーデを引き締めてくれます。

黒スカート 前スリット入り

引用:http://wear.jp/yumichi0625/8399512/

ふわーっとしたインパクト強めの白トップスはあたたかいニット。ループ状になっているので、シンプルですが華やかなオフィスカジュアルです。黒スカートにきちんとインさせダボっとさせない着方がVERY GOOD。スカートも黒を選択しているのですっきりとベストバランスになっています。黒シューズも疲れなさそうでヘルシーなチョイスです。


スポンサーリンク

オフィスカジュアル レディース 20代 秋!アウターオン

カジュアルなアウターを選んでみました。ブラウスにタイトスカートというベーシックなスタイルですが、アウターを変えるだけでこんなにも印象が変わるんですね。あなたはどんなアウターが好きですか?

ジップパーカー×白スカート

引用:http://wear.jp/emyeee/5451508/

ブルーのブラウスに白のスカートにオンしたのはなんとジップパーカー。ベージュ×黒のバイカラーパンプスと、かっちり黒バッグでキメたオフィスコーデに、パーカーがぐんとカジュアルダウンしています。でも違和感がないのは、パーカーのグレーが都会的な品のいい色味であることと、ラメ入りというおしゃれな加工が施されているから。

デニムジャケット×白スカート

引用:http://wear.jp/limit05/8252652/

イエローのブラウスに白のタイトスカートという、シンプルベーシックなスタイルにオンしたのはデニムジャケット。こなれ感がでています。濃紺デニムを軽く肩掛けしてサマになっているのは、やはり品のあるブラウスとアンニュイな白のスカートで清楚コーデに導いているから。

パンプスは黒のファー付きで足元からゴージャスに、ショルダーバッグは黒を選択して真面目感をプラスしつつ、しっかりカジュアルコーデを格上げしています。

コーディガン×ベージュスカート

引用:http://wear.jp/rvif2010/8003821/

コートはノーカラー。堅すぎず、くだけすぎず、きちんと感を出したコーディガンは20代女性のカジュアルオフィスコーデの強い味方です。袖を捲り上げたり襟元から見える裏地は白。ベージュコートの二色遣いがおしゃれです。

スカートはアウターにトーンを合わせた薄いベージュ。シューズは、ややグレーがかったベージュで、ワントーンでもいろんなベージュを楽しんでいます。

 

オフィスカジュアルレディースコーデ秋

 

引用:http://wear.jp/mh252525/8352027/

太いリブが特徴的なニットに、アンクル丈のパンツを合わせたシンプルなコーデですね。パンプスはスウェード調の黒で、秋冬に活躍しそうです。白のショルダーバッグの印象と合わせて、身軽で動きやすいコーデにまとまっています。

ニットは伸縮性があるので、体にフィットして身体のラインがきれいに見えますね。リブの入ったものだと縦ラインが強調されるので、よりスタイルが良く見える効果があります。

 

引用: http://wear.jp/tama8585/8166213/

レース状の淡い紫のスカートがエレガントですね。トップスは浅めのタートルネックで、綺麗に手首の見える8分袖のシンプルだけど洗練されたデザインです。ブーツやバッグなども含めてすべてのアイテムに高級感があるので、上品なOLさん、といった出で立ちです。

タートルネックは高い襟のタイプのものだと、人によっては首回りが詰まって見えたり、動きづらかったりしますが、このくらい浅いものなら誰でも着られそうですね。

 

引用:http://wear.jp/moritades/4905770/

グレーのロングカーディガンが主役のモノトーンコーデ。胸元のパールや足元のエナメルパンプスがモノトーンコーデに異なった質感を与えていて、コーデをぐっと引き締めています。

ロングカーディガンは背の高い方だと、パンツ姿に良く似合いますね。背の低い方は、ショート丈のパンツやスカートの方がバランスが良くなります。

 

引用:http://wear.jp/tsuuuuuuuuuu4/8456885/

ライトなグレーのセットアップにちょっと濃いめグレーのチェスターコートを合わせたワントーンコーデ。グレーのワントーンコーデのときは、色の濃さが違うアイテムをもってくると、やりすぎ感なくおしゃれに仕上がります。

チェスターコートはオフィスカジュアルにも使えるおしゃれアイテムです。肌寒い時季節はさらっと羽織るだけでオトナ感のある綺麗目コーデに仕上がります。

 

引用:http://wear.jp/zozost1957/5061018/

優等生っぽさのあるクラシカルコーデですね。10代でも30代でもピンとこない、まさに20代にしか着こなせないファッションです。ちょっとバランスが崩れるとちぐはぐは印象になってしまうので、アイテムのサイズ感や色合いが重要になってきますね。

パンプスにショート丈の靴下は難しいイメージがありますが、ミモレ丈のスカートなら相性抜群。特に、足元が冷えてくる秋にはおすすめのコーデです。

 

引用:http://wear.jp/zozost1957/5196662/

ベレー帽がチャーミングな個性派カジュアル。巻きスカートのダブルベルトの留め金がおしゃれですね。スカートはハイウエスト&縦ラインで、スタイルがよく見えます。

濃いめのグレータイツに淡いグレーのパンプスは、なかなか難しい組み合わせです。しかし、全身のトーンが暗めなのでタイツの色が浮き上がることなく、おしゃれに着こなしています。

 

引用:http://wear.jp/oymd875/8056064/

Vネックからの縦の縫い目が印象的なトップスです。光沢感があるので、上品な印象になるのもGOODですね。黒のYシャツだとインパクトが強く、なかなか着こなしが難しいですが、Vネックならどんなアイテムにも合わせられますね。ジャケットがなくてもサマになります。

細身のシンプルなベージュのパンツとの組み合わせもGOOD。仕事のできる女性感が溢れています。

引用:http://wear.jp/iedit_aya/7984636/

格子柄のパンツに黒のカーディガンを合わせた、爽やかなコーデですね。カーディガンの襟を飾るビジューがさりげなく光って、華やかさをプラスしています。

オフィスカジュアルだとネックレスなどのアクセをつけていいかどうか、迷うときがありますよね。こういった洋服自体に装飾があるものなら気にせずに、アクセ感覚で楽しめますね。

 

引用:http://wear.jp/mf_kotomi/8493205/

渋いローファーが光るマニッシュなコーデです。黒スキニーパンツにメンズライクなベージュのYシャツというシンプルなコーデに、ベレー帽が遊び心をプラスしています。

オジ靴とも呼ばれるマニッシュなデザインのローファーは秋のおすすめアイテム。靴のイメージそのままかっこよく決めてもいいし、おもいきりガーリーなコーデにも合いますよ。

 

引用:http://wear.jp/oymd875/8313663/

透け感のあるトップスが清潔感を与えてくれます。甘すぎないデザインで、オフィスカジュアルには最適ですね。パンツは落ち着いた格子模様で、ぱっと見はシンプルなのですが、さりげなくおしゃれです。

こちらのパンツはどんな季節でも活躍しそうですが、チェックのパンツやジャケットは秋感が出るので積極的に取り入れたいアイテムです。

 

引用:http://wear.jp/wear10095/7985491/

太いストライプのシャツは爽やかなイメージですね。それにブラウンのワイドパンツを合わせて、こなれたコーデに仕上げています。落ち着いた色合いの、きれいめ大人なスタイルですね。

エナメルの黒のローファーが光って印象的ですね。ローファーだとかっちり感がでるので、甘いコーデにあわせると全体のコーデを引き締めてくれますし、シックなコーデだとより統一感がでますよ。

 

引用:http://wear.jp/oymd875/5190929/

一見シンプルなオフィスカジュアルですが、トップスのデザインが美しいですね。ボタンタイプのYシャツとは違った魅力があります。透け感があるのでインナーは必須ですが、わざとチラ見せするとこなれ感がでますね。

ベージュのコートは秋の万能アイテムです。暗いトーンになりがちな秋のコーデを明るく見せてくれますし、淡い色のアイテムに合わせても、アイテムの色を引き立ててくれます。

 

引用:http://wear.jp/zozost1957/5188277/

ニットのシックなえんじ色とワイドパンツの紺がベストマッチですね。パンツの白いストライプがアクセントになって、コーデのトーンが暗くなりすぎてしまうのを防いでいます。

グレーのタイツはコーデのニュアンスを変える重要アイテム。黒だと無難になってしまうコーデに遊び感を加えて、さりげなくインパクトを出してくれます。

 

引用:http://wear.jp/zozost1957/5197057/

真っ白な白のミモレ丈スカートは裾の広がり方が美しいですね。シンプルなデザインのニットと合わせてクラシカルな雰囲気を漂わせています。ニットの渋いグリーンが白のスカートを引き立てています。

足元は光沢感のあるエナメルのシューズで、コーデに遊び感をプラス。シックなコーデに、あえてカジュアルさのあるシューズを合わせると抜け感がでますね。

 

引用:http://wear.jp/kazuchim0918/7868418/

ベストとブーツのインパクト大!な個性を主張するスタイル。なかなか着こなすのが難しそうなベストですが、白のトップスとパンツに合わせて、さらっと着こなしています。

インパクトのあるアイテムを使うときは、他のアイテムをシンプルにするとコーデがうるさくならなくてGOOD。白基調のコーデはどんなアイテムも受け入れてくれます。

 

引用:http://wear.jp/0222chami/7875378/

淡い色合いでまとめた綺麗めコーデですね。パンツのウエスト部分がきれいな仕上がりなので、シャツインするととてもきれいに見えます。ベルトがなくても、物足りない感がでないですね。

ワイドパンツは丈が結構重要ですね。ふくらはぎの少し手前までのものだと、どんなコーデにも合わせやすいですし、足元がきれいに見えます。

 

引用:http://wear.jp/wear10090/8059002/

こちらもワイドパンツですが、丈長めの大人なスタイルに仕上がっています。足の甲がきれいに見えるミュールと相性抜群ですね。ウエストのリボンがさりげなく大人可愛さをアピールしています。

トップスやパンツは立体感を感じる素材で、モノトーンだけどのっぺりした印象にならないのがGOOD。白や黒のアイテムをチョイスするときはコーデの印象を左右する素材にもこだわりたいですね。

 

引用:http://wear.jp/mmyy0226/5403501/

マニッシュなアイテムでまとめてはいるのですが、ガーリーな雰囲気もある個性的なコーデです。ベルトの細さや、白い腕時計がほのかにガーリーさを感じさせるポイントでしょう。

えんじ色のトップス×チェックのパンツは秋にふさわしいトーンですね。インパクトが強いわけではないけど、おしゃれ感を与えてくれるベストコーデです。

 

引用:http://wear.jp/eri5681am/8261566/

シャツのルーズな感じがこなれていますね。前だけインでパンツとのバランスがよくなり、シャツにもシルエットが出るのでスタイルとして面白みがでます。

オフィスにはちょっとゆるいかなと感じるシルエットを、きっちり四角なバッグが引き締めていますね。バッグとパンプスの色合いを合わせているのも統一感が出るポイント。

 

引用:http://wear.jp/wear10084/8433847/

とにかくウエストに目が行ってしまう、パンツとベルトがメインのコーデです。クロップドパンツはコーデによっては脚の長さが短く見えてしまうのが難点ですが、こちらのパンツはハイウエストでシルエットも綺麗なので、逆に脚が長く見えますね。

パンツと同じ素材のベルトはアクセントになりながらも、コーデを邪魔しない優秀アイテム。派手さを抑えたいオフィスカジュアルにはもってこいのアイテムですね。

 

まとめ

話題の豊富な、そしてウイットに富んだおとなの魅力を持てている20代のみなさんなら、バリエーション豊かにオフィスカジュアルコーデをこなしていることと思います。では!今年の秋は今まで興味のなかったカラーにも挑戦してみましょう。その色にはどんな補色があるのか、調べるだけでも楽しいですよ。さあ、秋へと向かう今がチャンス!そして、冒険ができるのも20代の今が絶好のチャンスです!

関連記事

  1. ボトムス

    ブリーチデニムレディースコーデ術!

    ブリーチデニムと聞くと「着こなしが難しそう」と思う方や「持ってない」と…

  2. トップス

    ベスト×トップスレディースコーデ術秋!

    これから秋になって肌寒くなってきますね。秋はトップスとアウターのコーデ…

  3. 30代 ファッション

    ママにおすすめスニーカーレディースコーデ術秋!

    動きやすくて、近頃若者を中心に人気沸騰のアメカジの定番“スニーカー”。…

  4. 秋 コーデ

    アラサーファッション秋冬特集!カジュアル中心に紹介!

    カジュアルファッションなのに20代の頃とはどこか違う、大人の貫禄を自然…

  5. アウター

    ギャザースカートコーデ術秋冬!

    女性はいくつになっても心はガーリー!寒い季節でも、ロマ~ンチックに広が…

  6. アウター

    インナーダウンレディース特集!GUユニクロ

    ダウンジャケットの下にダウンを着る・・・もこもこ着ぶくれしない着こなし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    パーカーレディースコーデ術!冬
  2. ボトムス

    サロペットコーデ術冬!30代アラサー
  3. アウター

    ライダースコーデレディース!スキニーなど
  4. 30代 ファッション

    Gジャンコーデレディース!30代アラサー
  5. トップス

    ベスト×トップスレディースコーデ術秋!
PAGE TOP