ボトムス

ブリーチデニムレディースコーデ術!

ブリーチデニムと聞くと「着こなしが難しそう」と思う方や「持ってない」という方も多いと思います。今回はタイプ別にブリーチデニムを使ったコーディネートをご紹介したいと思います。

この記事を読み終わったときに着こなせるようなポイントを含めてご紹介していきます。


スポンサーリンク

ブリーチデニムレディースコーデ術! 30代向け

大人のカジュアルファッションやシンプルファッションにもブリーチデニムは取り入れることが出来ます。30女子でも着こなせてオシャレさんになれるコーディネート術をピックアップ。

マットコーデ

引用:http://wear.jp/keiko9615/9264373/

ライダースジャケットがメインのコーディネート。ライダースに合わせて黒のネルとをチョイスしているところもオシャレですね。

ブリーチデニムはコーディネートの中で浮きがちなのでこんな風にデニム以外をシンプルで落ち着いたカラーにすると取り入れやすいですよ。

ワンポイントコーデ

引用:http://wear.jp/mahotaso10/10341440/

オフショルダートップスがオーバーサイズで体系カバーにも下半身のスタイルアップにも使えて便利。ブリーチデニムはボーイズストレートなので誰でも普段のジーンズをブリーチに変えるだけでOK。

ピンクバックがワンポイントになって女性らしさと彩を加えていますね。

マットコーデ

引用:http://wear.jp/carmen1505/9211173/

大人の遊び心を感じるコーディネート。スエットは子供っぽく無造作な感じに見えますがボトムやパンプスが全く系統が違ってそのギャップが女子ウケがよくてオシャレさんなポイントですね。

カゴバックやパンプスは爽やかなのでブリーチデニムにとてもよく合っていますね。

フォーマルかわいいコーデ

引用:http://wear.jp/erichixi/10535211/

一見風つのコーディネートに見えますがポイントはバックとサンダルのマスタードカラーです。今年マスタードカラーはトレンドなのでコーディネートの一部分に取り入れるだけでガラッとファッションに深みが出てオシャレさんになれます。

ブリーチデニムはワイドなのでトップスをinして着るとバランスが取りやすいです。


スポンサーリンク

ブリーチデニムレディースコーデ術! 20代向け

ポップな20代ファッションにもブリーチデニムをプラスさせてみましょう。今年の秋冬はブリーチデニムをあえてプラスさせると大人可愛いファッションに七変化しますよ。

バンドTコーデ

引用:http://wear.jp/shibuyahys/10218725/

今年の夏から爆発的に注目されて人気になったバンドTシャツ。インパクトのあるデザインとブリーチデニムがよく合っていてガチャベルトをたらして着こなすポイントもトレンド感があって素敵ですね。

スニーカーをあえて黒にしたところもこれで白だと子供っぽく見えてしまうのでGOODなポイントです。

爽やかコーデ

引用:http://wear.jp/riopon0712/10596727/

最近30代のシンプルでオシャレなファッションが好きな女子に人気の着こなし方。キャスケットやワイドパンツ、スニーカーはオシャレさんが外さないファッションアイテムです。

このワイドパンツはデニム生地の中でも重たくないものなので着こなしやすくてオススメですね。

旬カラーコーデ

引用:http://wear.jp/eguccho02/10340067/

トレンドのマスタードカラーのキャミトップスが今年らしさを感じさせるコーディネートですね。ブリーチデニムとスニーカーが明るいカラーなのでトップスをダークブラウンとマスタードにするチョイスはかなりいいですね。

今年はカラーで攻める年なのでこれだけシンプルなコーディネートでもカラーだけで印象はガラッと変わりますね。

リゾートコーデ

引用:http://wear.jp/tanatana0128/10640945/

スエード調のキャミトップス。大胆にもインナーなしでトップスとして着こなしています。ボトムはダメージの入ったブリーチデニムなのでボーイッシュでどんなファッションにも着合わせられるアイテムです。

カゴバックもクラッチでサンダルも黒で何にでも合いますね。太めのベルトなんかをプラスしてもいいかもしれません。


スポンサーリンク

ブリーチデニムレディースコーデ術! さわやか編

爽やかな清潔感のある女性像を目指している方にオススメのブリーチデニムを使ったコーディネートをご紹介します。

シンプルコーデ

引用:http://wear.jp/postoffice/10248852/

水色のニット帽が秋冬に着ても重たくなくて素敵なアイテムですね。その他にも黄緑の巾着バックやピンクのフラットシューズも差し色になっていて素敵ですね。合わせているアイテムは一つ一つシンプルでもカラーが爽やかで素敵なのでコーディネートのレベルがグッと高まります。

白のトップスにブリーチデニムだと膨張しがちですが黒のベルトがポイントです。

森ガールコーデ

引用:http://wear.jp/clsmr0809/9964425/

花柄のアロハ系シャツが印象的なコーディネートですね。今年はサッシュベルトも大きく注目されていて普段のベルトをサッシュベルトに変えるだけでコーディネートはがらりと変わります。

ブリーチデニムを合わせる時には黒のサッシュベルトで締めると膨張せずオシャレに着こなせますね。

ワイルドシックコーデ

引用:http://wear.jp/kirin64/6451367/

秋冬の定番コーディネートは“デニムonデニム”です。でも、このコーディネートはブリーチデニム同士で合わせているのでとても上級者さんですね。Gジャンの丈やブリーチジーンズの股上の深さなども少し違うと一気に失敗するので絶妙だと思います。

小物を黒で統一することでバランスがよく見えますね。

大人デニムonデニムコーデ

引用:http://wear.jp/kayo3673/9523718/

こちらはブリーチデニムで“デニムonデニム”。着こなしとしては先ほどと違って大人可愛いファッションですね。髪色がピンク系なのでトップスもすこしピンクが買ったものを合わせてスニーカーはクリームのハイカット。

今年はワイドパンツにハイカットスニーカーを合わせるのが流行です。

リーチデニムレディースコーデ術! かわいい編

大人可愛いファッションは周りに差がつけられて男性ウケもいいファッションです。デニムだとどこでもオシャレに使えるのでオススメします。そんな一押しのコーディネートをピックアップしました。

艶やかコーデ

引用:http://wear.jp/nicesaya1130/9907754/

花柄の刺しゅう入りトップスがショートカットとよく合っているおすましな女の子らしいコーディネート。トップスのカラーをグリーンにしたところがGOOD。グリーンならブリーチデニムに合わせても主張が濃すぎなくて着こなしやすいですね。

ブリーチデニムもベルト込みのものなので履くだけで可愛くて実用性もありますね。

大人シックコーデ

引用:http://wear.jp/aktm76/5793262/

ニットが一目引くワンポイントコーディネート、黒中心のニットトップスに対してボトムは明るいカラーで対照的なギャップがポイントのコーディネートだと思います。可愛いポイントはスニーカーのひもがリボンになるところ、さりげない女子力がいいですね。

フルレングスだと長すぎますが若干短いズボン丈がちょうどいい。

ふんわりデートコーデ

引用:http://wear.jp/arin64/9399430/

ふんわりと女子力の高いエアリーなブラウスが特徴的なコーディネート。少し透け感があるところも春秋に着ませそうであると便利ですね。ブリーチデニムはタックが入っていてルーズなシルエットでブリブリしすぎずバランスが取れていると思います。

ブリーチデニムというとカジュアルできつい印象ですがこんな風にフェミニンにも着こなせます。

きちんと可愛いコーデ

引用:http://wear.jp/maki0070/3655040/

清潔感のある大人な可愛いデートコーデ。ポイントは肩掛けした白のカーディガン。カーディガンがないとシンプルすぎるコーディネートでしたが白が入ることで第一印象も明るく見せてくれます。パンプスは足の甲を大胆に見せて女っぽく履きこなしましょう。

髪をアップさせるとより女っぽさがUPします!

ブリーチデニムレディースコーデ集

引用:http://wear.jp/asayonce/8035375/

大人カワイイデザインの、バーガンディがかったボルドー色のセーターに、ラフなデニムを合わせることで、気取りすぎないファッションになっています。靴と鞄を黒にして、締め色として使っているので、

目立ちすぎるわけでもなく、上品にコーディネートをサポートしています。髪型はすっきりと纏めていて、首回りを露出しているのでセーターを着ながらも暑苦しい印象を避ける事ができました。

デニムを黒のスキニーなどに変えると、もっと大人な女性をアピールできると思います。

引用:http://wear.jp/121mika/8292838/

上半身は、とても秋冬を感じられますが、下半身は夏でも通用するコーディネートです。上半身の暗さをデニムの明るさで緩和し、さらに赤いパンプスで上半身とデニムのボーイッシュさを和らげています。

動きやすいスポーティーな服装なので、靴はスニーカーやブーツでもかわいいかもしれません。靴が赤なので頭の方にも赤を持ってきてもいいとおもいます。

引用:http://wear.jp/mojao3465/8568376/

ラフなデニムに、カチッとしたフォーマルな雰囲気を醸し出すローファーを合わせている、セレブの様なコーディネートです。白いセーターと薄い色のデニムだと秋冬コーデにしては軽すぎる印象ですが、

上着を着ると引き締まり、素敵になりますね。セーターの模様は、もう少しシンプルにするとよかったのではないかと思います。

引用:http://wear.jp/mojao3465/8552360/

今流行りの、トップスを前だけインする技術が使われています。ペタンコ靴で、足の長さが盛れないのを、トップスをインすることによってカバーしています。

色味に統一感を持たせることにより、清楚な雰囲気を出す事ができました。また、トップスのニットの袖が長いのは女性らしい感じが出るので、ダボっとしたニットを着るのはとても女子力が高まります。

引用:http://wear.jp/kaorin0811/4764027/

柄に柄を合わせる手法です。デニムの上下セットアップと、中に着ているTシャツを青系統に統一し、靴を白で締め、頭にいろんな色が入った髪飾りを持ってくる事で、首から下のシンプルな色味に差し色として使う事ができました。

辛くなりすぎがちな、デニムのセットアップを適度に甘辛いファッションに仕上げることができました。

引用:http://wear.jp/w666s/8100432/

全体的にとても細身に見えるコーディネートです。肩にかけたショールが肩幅やお腹周りをカバーし、上半身をすっきりとみせています。デニムパンツは、濃い色で、引き締まって見える上に、

ロールアップすることで足首が見えるので脚が細く見えます。ショールの彩度が強いですが、その他のアイテムが主張してこないので、とても収まりのいいコーディネートになっています。

引用:http://wear.jp/ucaxxx71/2297992/

まだら模様のついたブリーチデニムのセットアップですが、その他の帽子や鞄、靴を締め色にすることで、秋冬にぴったりなコーディネートになりました。

デニムセットアップ自体は夏も着ることができますが、このコーディネートは秋冬ならではのものとなっています。髪の毛を下ろしているのも、秋冬らしさをだすポイントとなっているてしょう。

引用: http://wear.jp/hinacocco/9315662/

若い人向けのコーディネートです。全体的に青と白で構成されており、夏の余韻を感じるものとなっています。上着をこのチェックからMA-1などにチェンジすると、もう一歩秋に近づいていく、可能性を秘めた

コーディネートとなっています。まだ暑さの残る秋にぴったりです。服装が夏よりなので、髪の毛もアップスタイルにすると、もっと元気を感じられるハツラツとしたファッションになるでしょう。

引用:http://wear.jp/mii207/9077464/

すっきりと清潔感のあるコーディネートです。外にいるときはあたたかい上着を着ている!という感じが出ますが、室内に入り上着を脱ぐと、あたたかいところにいるよ!という感じが溢れ出す、

二段階魅力のあるコーディネートです。鞄にだけ模様が入っているのも、交換ポイントです。首回りが髪の毛で隠れているぶん、足首を見せ、細さがアピールできています。

引用:http://wear.jp/andit_fujii/252095/

トップスと鞄が下の方にあるため、少しだけ脚が短く見えてしまうのが残念なコーディネートです。色味は秋を感じさせられる素敵な色合いとなっています。

髪型からこなれ感が感じられ、おしゃれに気を遣っているのが伝わってきます。爽やかなコーディネートなので、横浜や神戸などの港町に行くのにぴったりなのではないでしょうか!

引用:http://wear.jp/apart1078/9087724/

女性らしさを前面に押し出したコーディネートです。ピンクのセーターと可愛らしい靴との甘い組み合わせに、薄い色のデニムを合わせることにより、優しい女性の雰囲気になりました。

鞄はペットボトルか入るサイズでありつつも小さめで軽そうなデザインなので、ふんわりした女子力のありそうな見た目に仕上がっています。スカートのスリットから脚が少し見えるところと、

首回りがすっきりしているところも注目ポイントです。

引用: http://wear.jp/kawai716/3552905/

とてもスタイルがよく見えるコーディネートです。ニットと鞄の位置が股よりも上で、腰回りがすっきりして見えるためです。また、パンツはスキニーで脚の細さを際立たせています。

ニットは、袖を捲り上げることであたたかさと涼しさの共存をはかっています。首回りがとてもすっきりしているのと、鞄が愛らしいピンク色であることで、女性らしさが際立つコーディネートとなりました。

引用:http://wear.jp/francbonn0912/9233398/

体型に自信がない方にぴったりなコーディネートです。このかたちのカーディガンは、肩周りのがっしりさを消してくれ、なで肩に、丸みのある女性らしい肩周りにしてくれます。

また、ロングカーディガンということでお腹周りを隠してくれます。また、黒なので締め色となり、引き締まったメリハリのあるコーディネートに仕上がります。

引用:http://wear.jp/reo89/8770295/

毎日のコーディネートを考えるのがめんどくさい!そんな時にぴったりなコーディネートです。おしゃれなデニムと真っ白な模様のないセーターを組み合わせると、無敵です。

シンプルでありつつも、買う時に凝って選んだこだわりを感じられるコーディネートとなっています。また、いわゆる萌え袖という、袖を長く指先が見えにくいコーディネートは、女子力を一気に上げてくれます。

引用:http://wear.jp/chambredecharmeclef/5705414/

爽やかで、間違いのない色味です。腰まわりにベルトをつけると、スタイルがよりよく見えるでしょう。首回りがすっきりとしているのが、このコーディネートのポイントです。

デニムと白いセーターは、やはり定番と言えるでしょう。髪の毛に赤が入っているのは、秋の涼しさを感じつつも、夏の終わりをもかんじることができます。

引用:http://wear.jp/playfuldc/8776764/

原宿の古着屋さんに居そうな個性派スタイルです。個性がありつつも、嫌味のないコーディネートです。赤と青を使っていながらも、黒と白という無彩色を大胆に使っているため、万人受けするスタイルとなりました。

また、首元がすっきりとしており、清潔感もあります。顔の周りに黒を持ってくる事で、顔も引き締まって見えますね。

引用:http://wear.jp/hi830706/5804476/

最近、また流行りがきている、ゆるっとしたデニムパンツです。トップスは、この薄い色のデニムと合わせる時の定番色とも言える色味です。

紅葉した紅葉を彷彿させる綺麗な赤と透き通った秋の空の青という、なんとも秋らしいコーディネートとなっています。袖は風をうけるとふんわりふくらみそうな袖となっており、夏の余韻を感じます。

引用:http://wear.jp/kmkiti0820/6133392/

とても個性的なファッションです。様々なジャンルが混じっています。全体的な色味が薄く、締まりがありませんが、カントリー調を感じられます。

ジャケットの中に着ているシャツはもう少しカチッとしたものでもよかったかもしれません。ジャケットが総柄なので、とても目を引く、街で目立つことができるスタイルとなっています。

引用:http://wear.jp/yuri/3327547/

これは秋の涼しい時に着られるコーディネートです。まだ夏から離れたくない!という気持ちを持ちつつも、帽子で秋が迫ってきていることを表現しています。

全体的に爽やかな色味でコーディネートしているので、ニット帽も嫌味ではありません。あたたかさはありませんが、夏の終わりを十分に感じられるコーディネートとなっています。

引用:http://wear.jp/kanako0126/3514837/

とてもシンプルなコーディネートです。足首にブーツがあることによって、足首のくびれが消えていますが、そのぶん腰の細さが際立つコーディネートとなっています。

トップスの色が濃いので、髪の毛をアップスタイルにすると、爽やかな風が首元に吹いている様に感じられるのではないでしょうか。髪の毛とベルトと靴に黒が入っているので、全体像のバランスが良いです。

 

まとめ

今回は“ブリーチデニムレディースコーデ術”をコーディネートとタイプ別にご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

30代でも20代でもファッションのアクセントとしてどなたにも着こなせるブリーチデニム。これからの時期は濃紺が多くなりますが周りを差をつけるなら“ブリーチデニム”がオススメです。

これからのお出かけに着こなしてみて下さいね。

関連記事

  1. アウター

    秋冬におすすめステンカラーコートレディース特集!

    秋冬におすすめ!ステンカラーコートをご紹介します。なぜおすすめかという…

  2. 秋 コーデ

    チェック柄スカートコーデ 術秋冬!

    春夏は花柄スカートでフェミニンさをだしたのなら、秋冬はチェック柄もおす…

  3. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメル

    ライダースジャケットをもっとオシャレに、そして自然に着こなすにはどうし…

  4. アウター

    ポンチョレディースコーデ術!秋冬

    身にまとう大判ストールのような、中途半端なイメージのあるポンチョや、冬…

  5. トップス

    ユニクロセーターレディースコーデ術

    ユニクロのロゴは、アルファベットで「UNIQLO」が好きですか?それと…

  6. アウター

    ライダースコーデレディース秋冬特集!

    ライダースコーデは誰もが一度は憧れたことがあると思います。まだ手にした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 30代 ファッション

    ロングブーツコーデ特集30代アラサー
  2. 20代 ファッション

    プチプラコーデ20代冬!
  3. 春 コーデ

    ジョガーパンツスーツコーデ女性向け!ザラなど
  4. 夏 コーデ

    夏におすすめプリーツスカート×Tシャツコーデ術!
  5. アウター

    ブルゾンMA-1レディースコーデ術!
PAGE TOP