アウター

カットソージャケットレディースおしゃれなコーデ術!

カットソー素材でできた、やわらかくて肌触りの良いジャケットをご紹介します。ブレザーだとかた苦しくなりがちなアウターですが、カットソー素材でのジャケットならカジュアルにもオフィススタイルにもOK!ソフトなタッチでの着こなしができますよ。


スポンサーリンク

カットソージャケット おしゃれ! ボーダー柄

ボーダー柄カットソー素材ジャケットをご紹介します。ストレッチの効く素材だから心までも軽くなれそう。

ボーダー柄ノーカラージャケット

引用:http://wear.jp/wear10022/9224366/

ヒール高めのパンプスはヌーディーカラーで美脚効果がばっちりです。そんな美しい脚見せを可能にしているのはフリル付きワンピースです。軽く持ったクラッチバッグがラグジュアリーな雰囲気でアクセ代わりに。

ジャケットはマリン風ボーダー柄。かた苦しさを抑えるかのようにノーカラーを選択。気取らず、ほどよくおとなの品を添えています。

ボーダー柄テーラードジャケット

引用:http://wear.jp/mikachu1023/4495245/

マリン風ボーダー柄ジャケットは、秋でもボトムスまたはインナーをダーク系にすれば違和感はありません。ニット帽でカジュアルさを出して。ジャケットの大きめ白ボタンがアクセントになりかわいい!

インナーの半袖白Tにプリントされてるジュエリー柄がステキです。ゴージャスな重ね付けですが、プリントなら嫌みなくドレスアップできますね。


スポンサーリンク

カットソージャケット おしゃれ! 柄もの

ボーダー以外に、かわいらしい総柄ジャケットをご紹介します。また、ストライプ柄ジャケットに、柄でインパクトをつけた小物もチャレンジしてみましょう。

バーバー柄ジャケット

引用:http://wear.jp/syr620nkm/510525/

ボーダーのワンピースにオンしたのは、理容店(バーバー)柄がユニークなジャケットです。はさみやウイッグモチーフがポップにちりばめられています。

レギンスやソックスはワンピースに合わせてブルー系をチョイス。トップスが柄オン柄でにぎやかなところを、ブルーの色の効果でより聡明に、なおかつ落ち着かせ見せができています。胸元のハートがワンポイント。さり気に披露し、赤も取り入れてとってもおしゃれです。

ストライプ柄ジャケット

引用:http://wear.jp/mh15yur1p/2499887/

ビッグインパクトの総柄ストールは、アメリカ・デトロイトのロックバンドとのコラボアイテム。耳にするとハードなイメージですが、色遣いはとってもフェミニンで可憐です。

ジャケットは刺繍ストライプ柄でおしゃれ&マニッシュな仕上がり。シューズはビンテージ感のあるブーツを選択、そしてスタッズ付き黒バッグで辛口にキメて◎!


スポンサーリンク

カットソージャケットおしゃれ!ワンピース合わせ

ワンピースの上にカットソー素材の羽織物をオン。ひざ下丈と、ロング丈ワンピースのご紹介です。

グレーワンピース合わせ

引用:http://wear.jp/nbb09/9075878/

カットソー素材のカーディガンと、同素材のワンピースです。ウエストマークのないゆるっとしたフォルムが美シルエットです。ふんわり肩掛けしてぐんと女性らしく。

でも小物はかっちりバッグやTの字細ストラップでこなれ感をUP。シューズのシャープなデザインがゆる感を適度に抑えてくれています。

ベージュワンピース合わせ

引用:http://wear.jp/wear10038/6369060/

ギンガムチェックのシャツにベージュのワンピを着たコーデ。そこに合わせたボトムスはデニムパンツ。ワンピの裾先からちょろっとお目見えしています。ジャケットの紺と雰囲気を合わせて統一感も◎。

ジャケットの袖先ですが、シャツの袖先をUPさせてチェックをはっきりと披露。足元のデニムをだすという味付けに調子を合わせました。

カットソージャケット おしゃれ! グレー

グレーという色味はほどよい中間のポジションで、コーデに迷った時の強ーい味方です。どんな色のインナーとも合うし、意表をついてオールグレーでもGOOD。

グレージャケット

引用:http://wear.jp/s_tanaka/8155281/

ピンヒールのおかげで黒のパンツを思い切り長く。そして足の肌見せをしてスタイルアップ効果を狙います。

そこにふわりとジャケットを肩掛け。テロンとしたトーンの袖先が、ワイドパンツとニュアンスが合っています。シンプルなコーデですが、カラフルな縦模様のバッグがアクセントになり気分を盛り上げてくれます。

グレーライダースジャケット

引用:http://wear.jp/wear10010/9052011/

グレーでまとめた柔らかコーデ。カットソー素材の持つ女性らしいソフトな風合いが、フロントのライダースデザインをより上品に押し上げてくれます。グレーなので都会的。おとなのこなれ感がでています。

シューズ、チェーンバッグ、帽子は黒をチョイス。バッグの三角形のメタルデザインが辛口な表情を見せています。せっかくのライダースジャケットの辛口なムードをそのまま甘めにするのではなく、どこかにエッジイな部分を取り込んでいるバランスの良いコーデです。

カットソーとジャケットのレディースおしゃれなコーデ集

 

引用:http://wear.jp/sp/kazumi0728/8453576/

全身黒のワントーンコーデですが、ライダースジャケットに光沢感があるので暗いトーンにならずコーデにメリハリがついています。レザーものや革靴など、テカリのあるアイテムは暗いトーンになりがちな秋冬には積極的に使っていきたいアイテムですね。

ベレー帽がコーデにマッチしていて、秋を感じさせますね。季節感の取り入れはメインの服装だけではなく、小物にも気をつかうとGOOD。

 

引用:http://wear.jp/ass03/10750444/

ノーカラーのジャケットはまるで着物のようなシルエットです。ベルトでウエストを締めているのもそう見えるポイントですね。アイテムにはオリエンタル要素はないのですが、雰囲気だけ感じさせる、こなれたコーデです。

ちらりと見えるキャミソールがセクシーですね。ジャケット×キャミソールの組み合わせは、セクシーさのアピールに実は効果的。かっちりしたジャケットから頼りないキャミソールが見える、ギャップがポイントです。

 

引用:http://wear.jp/baby3baby/10466976/

オーバーサイズジャケットにショートパンツを組み合わせた、さりげなくガーリー感のあるコーデ。ジャケットのサイズ感をどうチョイスするかはコーデによって難しいところがあるのですが、ジャケット×ショートパンツなら迷うことなく着こなせます。

ちょっとゴツめのシューズからのぞく、ショートソックスがいい感じですね。白ソックスのガーリーさは最強です。

 

引用:http://wear.jp/yuri74e/10793148/

肩にかけたノーカラーのジャケットが、抜け感の演出に一役買っています。全体的に落ち着いたアイテムで揃えたシックなコーデですね。オトナっぽいトーンの中で、鞄の柔らかい赤色がさりげなく可愛さもアピールしています。

透け感のあるレースの白いトップスが上品ですね。一枚だけだとフェミニン感がでてしまいそうですが、ジャケットが上手く甘さを抑えています。

 

引用:http://wear.jp/kanae98318/8059164/

トップス一枚だと夏っぽい印象になってしまいそうですが、ノーカラーのライダースジャケットががらりと秋色に変化させてくれます。それからやっぱりベレー帽はやっぱり秋の必須アイテムですね。

ライダースジャケットというと”黒”というイメージがありますが、ベージュのジャケットもいいですね。柔らかい印象になるのでどんなコーデにも合いそうです。

 

引用:http://wear.jp/1011sqqyq/5680937/

金ボタンの光るダブルのジャケットがおしゃれですね。メンズライクなコーデの中で、高めのピンヒールが女性らしさを演出しています。こんなピンヒールで颯爽と歩いたらかっこいいですね。

カーキのミリタリージャケットは秋の定番ですが、同じようにカーキのパンツも秋によく似合います。一年中履けるアイテムではありますが、特に秋はヘビロテしたいですね。

 

引用:http://wear.jp/345chamu/10775565/

シンプルなジャケットかと思いきや袖の折り返しがチェックでかわいいですね。ジャケット自体の落ち着いたチェックもGOOD。黒いトップスにデニム、というシンプルなコーデに良く似合っています。

オーバーサイズのジャケットを着るときは、袖をまくるとバランスがよく見えますね。女性らしい細い手首をさりげなくアピールできます。

 

引用:http://wear.jp/hanadako/10773706/

オフィスカジュアルでもOKな綺麗めコーデです。シンプルなアイテムをさらっと着こなしてますが、こなれ感がありますね。トップスの上品な色合いは大人っぽさを感じます。

トップスの前だけインは下手すると中途半端に見えてしまいますが、ジャケットを羽織ると後ろ姿を気にする必要がなくなるので気軽に挑戦できますよ。

 

引用:http://wear.jp/kazumi0728/9156523/

超ガーリーなワンピースですが、シックに着こなしています。合わせたアイテムの落ち着いた色合いがポイントですね。ジャケットがワンピースの印象を和らげているので、落ち着いて見えます。

ワンピース×ジャケットも定番の組み合わせですね。オーバーサイズよりはジャストサイズ、丈は短い方がバランスが良く見えてGOOD。

 

引用:http://wear.jp/cxm1224/10784810/

光沢のあるベロア素材の赤いトップスとタイトなミニスカート、というやや攻めなコーデですが、ジャケットが雰囲気を和らげていますね。ジャケットがミニスカートと同じくらいの丈なので、全体を覆い隠しているように見え、華奢感もでています。

寒い季節はジャケットを着たり、重ね着ができるので、ちょっと派手なアイテムにも挑戦できるチャンスです。

 

引用:http://wear.jp/277035/9845734/

マキシ丈の花柄ロングスカートはどんな季節でも着れる万能アイテムですね。秋はジャケットを羽織るだけでOK。同系色のジャケットと合わせると、まとまりのあるコーデに仕上がります。

トップスは英字プリント、足元はスニーカーとカジュアルな装い。だけど、ジャケットがかっちりめなので、ラフな感じがないのがGOODです。

 

引用:http://wear.jp/iena1001/10707644/

デザインのステキなジャケットが目を引きます。グレーのチェックがシックで、シンプルなコーデに良く似合っていますね。あえてガーリーなスカートと合わせるのもアリかもしれません。

バッグとイヤリングの上品な赤色がアクセントとなって、オトナな女性を演出しています。さし色をワンポイント持ってくるだけで印象が華やかになりますね。

引用:http://wear.jp/beautyandyouth_52/10800839/

カジュアルなロングのパーカースカートにジャケットを合わせると雰囲気がガラッと変わりますね。ヴィンテージ感のあるジャケットのチェック柄もコーデの味付けに貢献しています。

パーカーの上にジャケットを羽織るコーデは定番ですが、パーカースカートだと印象が違ってきますね。ちょっとこなれた雰囲気があります。

引用:http://wear.jp/ungrid1010/10796782/

柔らかいシルエットのジャケットが可愛いですね。透け感のあるスカートと合わせて、優しい印象になっています。ジャケットは堅い印象になりがちですが、こんなデザインなら堅さはまったくないですね。

ベージュの色合いも、優しい雰囲気作りにもってこいです。ジャケットの色は結構迷いますが、ベージュならどんな色にも合わせやすいので一枚持っておきたいですね。

 

引用:http://wear.jp/terichi1115/10794580/

セットアップだと統一感がでてビシっと決まりますね。足元までかっちりと決めると、ちょっと近寄りがたいイメージさえ与える硬派なオンナの完成です。こんなファッションでさりげなく髪をかきあげたら、かっこいいですよね。

甘さのないアイテムの中で、ウエストで結んだリボンが印象的です。どこか一か所、遊び感を取り入れるとコーデに面白みがつきますね。

 

引用:http://wear.jp/0913tt/10779240/

首元の超ボリュームファーはインパクト大ですが、全身のコーデも負けていません。タイトなライダースジャケットからのガウチョパンツの広がりが美しいですね。パンツの丈が絶妙で、ショートブーツが引き立っています。

ファーやマフラーなどで首元にボリュームをもってくると小顔効果があるので、秋冬は取り入れたいスタイルです。

 

引用:http://wear.jp/miopoppo/10769024/

お嬢様チックな落ち着いたコーデです。スウェード調のジャケットが上品な印象をプラスしていますね。まるでカーディガンを羽織っているようなシルエットなので、ジャケットにありがちな堅いイメージを避けてくれています。

深い赤色のトップスは上品さと華やかさをプラスしてくれます。さりげなくボーダーが入っているので、赤の強い首相を抑え、優しい印象にしてくれる効果もあります。

 

引用:http://wear.jp/haco_iyu/10771547/

ジャケットもスカートも肌ざわりが良さそうですね。淡い色合いもあいまって、とても柔らかい印象になります。しっかりアウター感もあるけど、着心地のよさそうなジャケットは、気軽に羽織ることができそうです。

寒い季節になると冷たい洋服に袖を通すことも嫌になりますから、暖かそうな素材のアイテムは、それだけで身に着けたくなりますよね。寒くて出かけるのが嫌になる季節も楽しくなっちゃいます。

 

引用:http://wear.jp/iwwwanox/10724309/

フェミニン全開のキャミソールにノーカラージャケットを羽織った大人カジュアルなコーデ。ノーカラーは首回りがすっきりして見えるので、胸元の開いたキャミソールとは相性抜群ですね。ラフな感じに羽織ると、大人の魅力全開です。

オーバージャケットとの対比で、スキニーパンツを履いた脚が華奢に見えますね。ダメージジーンズという辛口アイテムだけど、フェミニンな印象に変化しています。

 

引用:http://wear.jp/monoide0917/10782999/

メンズライクなコーデの中で、鮮やかな赤いパンプスが目を引きます。足元の印象は意外と強いので、アクセントを持ってくるとコーデの全体的な印象をがらりと変えてくれますね。

茶色のインナーだとアウターは何を合わせようか迷いますが、ネイビーのジャケットがマッチしていますね。茶色×ネイビーで大人な雰囲気が出ています。

 

引用:http://wear.jp/archivesito/10691340/

ハイウエストではいたミニスカートがキュートです。グレーのチェックのジャケットはきっちり秋感がありますが、スカートからのぞく生足が元気さをアピールしています。

チェックのジャケットを取り入れるだけで、コーデが秋のトーンに変身しますね。明るい色のジャケットなら重たいイメージを与えないので、気軽に羽織ることができます。

まとめ

フォーマル以外ならどんな場所にもマッチせることが出来ちゃうカットソージャケット。ラフにさせたいけど大人の雰囲気を保ちたい・・・逆にかっちりさせたいけどかた苦しくしない。そんなファッションも、このアウターならすんなり叶えてくれる優秀アイテムなんです。

自宅で洗濯ができる表示であっても、脱水には細心の注意を払って。長く脱水すると、毛羽立ってしまってヨレ~っと伸びてしまうからご注意を。

関連記事

  1. 20代 ファッション

    20代にオススメオフショルダーコーデ術秋冬

    今年、ちょい肌見せなファッションが流行して女子たちの心を掴んだ“オフシ…

  2. 秋 コーデ

    チェック柄スカートコーデ 術秋冬!

    春夏は花柄スカートでフェミニンさをだしたのなら、秋冬はチェック柄もおす…

  3. アウター

    スカジャンレディースコーデ特集秋

    スカジャンといえば、虎や竜や鷹など、力の強いイメージの和柄刺繍が有名で…

  4. 30代 ファッション

    ママにおすすめスニーカーレディースコーデ術秋!

    動きやすくて、近頃若者を中心に人気沸騰のアメカジの定番“スニーカー”。…

  5. アウター

    ロングカーディガンコーデ術グレー秋!

    これから少し肌寒くなってくる頃、そんな時にちょっとした羽織は必須アイテ…

  6. トップス

    仕事に使えるブラウスコーデ術秋冬 

    オフィスコーデでブラウスといったら切っても切れないマストハブアイテム。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    ミリタリージャケットレディース秋コーデ術!
  2. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメルなど
  3. 30代 ファッション

    ライダースレディースコーデ術!30代アラサー
  4. アウター

    ミリタリーシャツレディースコーデ×デニム特集!
  5. アウター

    レディースブルゾン 秋冬コーデ特集!ネイビー中心に紹介!
PAGE TOP