アウター

ミリタリージャケットレディース秋コーデ術!

コーデの主役・ミリタリージャケット。メンズライクなミリタリー調アウターは、デニムパンツはもちろん、レディな印象付けのスカートとも相性はいいんです。地味すぎず派手過ぎず、カーキ色のジャケットでボトムスをぐっと引き立たせてくれる効果にも。


スポンサーリンク

ミリタリージャケット  秋コーデ!迷彩柄

迷彩柄のスパイシーなジャケットとのコーデをご紹介します。夏にはあまりお目見えしなかったアウター。この秋!今こそアーミー柄にチャレンジする良いチャンスです!

カモフラ柄JK×ミニスカート

引用:http://wear.jp/nnbb/2110601/

黒のミニスカートにうっすらと見えるのはストライプ模様です。トップスのスウェットにはカジュアルなロゴ入りでボーイズライクに。そこにオンしたのは迷彩柄のミリタリージャケットです。肩掛けした着方でのぞく指先がとってもセクシー。

クラッチバッグはボルドー色で秋らしさをさらに深めて。メンズライクなジャケットと、ガーリーなボトムスでテイストミックスコーデの出来上がりです。

肩掛けカモフラ柄JK×ロングスカート

引用:http://wear.jp/moimaru6/7858584/

白のロゴTに、おとな感のあるタイト目なロングスカートを合わせたコーデ。シューズやバッグはトップスに合わせて白をチョイスしています。

オンしたアウターはカモフラジャケットです。袖先をひと折りしての裏地見せも同じく白。辛口に見えるコーデに、ところどころ甘め白を投入していてフェミニンな印象があります。ヘアスタイルはボリューミーなお団子ヘア。身長を高く見せる効果にも◎!

カモフラ柄JK×ロングスカート

引用:http://wear.jp/cyan0013/7826402/

暗めの柄なので、あまりカモフラージュ柄が目立たないのが特徴のコンパクトなジャケットです。そのおかげでストリート感のあるロゴが際立っていますね。ボトムスはカーキのロングスカートでトーンを合わせて。

足元はトレンド感のある厚底デザインサンダル。二色遣いのソールは、やさしげなライトブラウン×ホワイトで温かみを感じさせます。

カモフラ柄JK×ダメージデニムパンツ

引用:http://wear.jp/vence10/7867699/

ハードなカモフラジャケットに雰囲気を合わせ、ボトムスは思い切りのよいスラッシュ入りデニムパンツを選んでいます。シューズは全体が辛口過ぎないよう、ベージュサンダルで上手にトーンダウン。

遊び心のある中にも、ウエストはきっちりベルト見せ、そしておとな感のある黒のショルダーバッグでコーデを引き締めています。


スポンサーリンク

ミリタリージャケット  秋コーデ!カーキ

アーミーそしてミリタリーといえば定番カラーはカーキですね。ボーイズライクだからこそシルエットには女性らしさにこだわりをもって。

ミリタリーJK×クロップドデニムパンツ

引用:http://wear.jp/apart01188/8142067/

ウエストのギャザーがよりコンパクトにさせていて、スタイルアップを狙えるジャケットです。細めパンツを合わせれば脚長効果もバツグンに!クロップド丈で足元の手抜き感もありません。

首元には華奢なネックレスで淑女の雰囲気さえ漂います。タッセル付きオレンジ色のショルダーバッグをラフに片手持ち。差し色になってコーデがパッと明るくなります。

ミリタリーJK×スキニーデニムパンツ

引用:http://wear.jp/kao1469/4878180/

ボーイズライクなカーキのジャケットだからこそ、ボトムスには女性らしさを加えたいもの。デニムパンツでもぴたっと美脚を披露できるスキニーを合わせて。ウエストには黒の細めベルトで脚長効果も◎!クロップド丈で足首の抜け感もシューズでヘルシーに。

インナーには清潔感ある白をチョイス。首元をすっきり見せして足元の抜け感とバランスを取ります。

ミリタリーJK×フレアスカート

引用:http://wear.jp/mayline/9801846/

清潔感のある白Tに、同色のフレアスカートで清楚系かと思いきや、そこにオンしたのはメンズライクなミリタリーJK。あまーくなりすぎるのを見事に抑え、甘辛ミックススタイルに仕上げています。

袖先をロールアップしてアクティブに、また、ポケットに手を入れてミリタリー調テイストに合わせたところがステキです!


スポンサーリンク

ミリタリージャケット  秋コーデ!バックデザイン

背面にほどこされたデザインといえば、パラシュートの生地に、オリエンタルモチーフを刺繍したジャンパー・スカジャンを思い浮かべますが、ミリタリージャケットでも刺繍デザインがあるなんて驚きです。

カットオフ&ぽんぽん&刺繍モチーフ

 

引用:http://wear.jp/kco3211/9758793/

まるでステンドグラスのようなグラフィカルデザイン!印象に残る刺繍が背面に施されているスパイシーなジャケットです。黒ORグレーのぽんぽんが惜しみなくふんだんに使われて可愛らしさも。

アウターがハードなのでボトムスは単色がおすすめ。ぽんぽんに合わせて落ち着いたグレーをチョイスしてGOODです。裾がワイドなのでリラックスモードが漂い女性らしさの演出にも◎!

スカジャン風和柄デザイン

引用:http://wear.jp/00rk00/10667663/

ハードな龍虎の刺繍ですが、グラフィックがソフトタッチでレディライクな雰囲気に。ライトカラーの白が、カーキのジャケットにとてもよく映えています。

ハットは黒のつば広女優帽。メンズライクなカーキのジャケットを、ハットで簡単に品格をUPさせています。また、ウェッジソールサンダルのメタリックなシルバーで、足元からシャイニーに押し上げ!

ミリタリージャケットレディース秋コーデ集

 

引用:http://wear.jp/yunpi/10687509/

無地Tシャツにグレーのタイトロングスカートのシンプルカジュアルコーデ。なんとなく物足りないなと思ったらミリタリージャケットをプラス。ちょっと印象が変わります。

シンプルなミリジャケは、主張が強すぎず自然とコーデになじみます。どんなコーデにも使いやすい色合いなのも良いですね。羽織るだけで、いつものコーデに一味加えることができます。

 

引用:http://wear.jp/maamin0922/6756719/

インパクトのある迷彩ミリタリージャケットは、シャツにジーンズのラフなスタイルに良く似合います。ジーンズは濃いめをチョイスすると、迷彩カラーを邪魔しません。

ゆったりサイズのジャケットは腕まくりがポイント。手首を出せば華奢みえ度がUPします。メンズライクなスタイルだからこそ、女性らしさをアピールできますね。

 

引用:http://wear.jp/2007330/10632594/

ノーカラージャケットは首回りがすっきりみえるので、女性にぴったり。インナーも襟ぐりの綺麗に開いたものをチョイスして、美しい首筋を見せましょう。

麦わら帽子&マリンカラーTシャツは夏のイメージがありますが、ミリジャケを羽織ることで一気に秋らしくなりますね。肌寒い季節に一枚持っていると重宝しそうです。

 

引用:http://wear.jp/sanki0102/7999144/

シンプルそうで中々難しい、丈の長めなミリタリージャケットとワイドパンツの組み合わせ。トップスは深いVネック&タイトなもので女性らしさを出し、野暮ったくなりがちなシルエットを引き締めています。

シャツインで脚長効果UP。黒いベルトがアクセントになっていますね。バッグはあえて女性らしいものをチョイスして、こなれ感を演出。

 

引用:http://wear.jp/kyomomyu0324/10752373/

こんなかっこいいミリジャケもアリ!バックスタイルがクールに決まります。ルーズだけど計算されたフォルムのジャケットは羽織るだけでおしゃれ感満載。かっちり着ないで、ゆるく羽織るのがポイント。

足元はロールアップで足首出し&ピンヒールで女性らしさを出しています。赤のピンヒールは色のアクセントにもなっていてGOOD。

 

引用:http://wear.jp/machacha2/10760187/

ガーリーテイストのワンピース×ミリタリージャケットのカジュアル可愛い系コーデ。白系のスカート×ミリジャケは王道スタイルですね。色がよく映えるし、ミリジャケがスカートのガーリーさを引き立ててくれます。

スニーカーは白をチョイスするとコーデの邪魔をしません。また、足元が明るく見えるので、ガーリーさを出したいときには選ぶとGOOD。

 

引用:http://wear.jp/labelleetude/10763492/

マキシ丈の存在感あるワンピースはフロントに生地の切り替えがあり縦のラインが強調されています。そこに丈の短いミリジャケをONすると、ウエストラインも強調されるので、細見せ効果&脚長効果が絶大。

柔らかいシルエットのミリジャケはどんなコーデにもよく合います。羽織るものに迷ったら、ミリジャケをチョイスすればOK!

 

引用:http://wear.jp/moe2424/10746385/

コーデとしてミリタリージャケットを取り入れようとすると、どうしても前を開けておきたくなるのですが、こんな風に着るとおしゃれですよね。ネックレスがアクセントになっていて、首回りがとても綺麗にみえます。

かっちりとしたメンズライクなミリジャケでも、着方を工夫すれば、女性らしいシルエットになります。スキニーパンツとも相性が良いですね。

 

引用:http://wear.jp/myumyu2017/10733421/

ウエストギャザー&フリルのガーリーなミリタリージャケットは羽織るだけでコーデの完成。メンズライクなミリジャケが多い中で目を引く、完全主役アイテムです。

ワンピースコートのような感覚でコーデすると良さそうですね。スキニーパンツにもよく似合っていますが、ミニスカートにも似合いそうです。

 

引用:http://wear.jp/cloud9nail/10698445/

ラフな感じに着こなしたミリタリージャケットがワンショルダータンクの魅力をひきだしています。ちらりと見える肌がセクシーですね。

軽くジャケットをインしているので、ミリジャケ特有の野暮ったさが上手くカバーされています。さりげなくかぶったベレー帽や、バッグにかけたサングラスなど、そこはかとなくおしゃれ感のある完成されたコーデです。

 

引用:http://wear.jp/yfa09722/10736600/

レトロ&上品な印象の主役スカートにもミリタリージャケットが合います。ノーカラーでかっちりしすぎないけど、甘口でもない、大人なシルエットのジャケットですね。

派手な印象になりがちな柄物スカートにカーキ色を加えることで、ワントーン落ち着いたイメージになります。帽子・バッグ・靴は黒で統一されていて、上品さUPに一役買っています。

 

引用:http://wear.jp/itsukko/10634580/

黒のロングスカート×ミリジャケは珍しい組み合わせではないですが、カジュアルさではなくフォーマルささえ感じる、きれいめコーデに仕上がっています。こんな風にさらりと迷彩ミリジャケを着こなしてしまうのはカッコいいですね。

余裕のあるサイズだけど無駄なシルエットのないジャケットがポイント。ミリジャケはだぼっとしがちなので、サイズ感が重要ですね。

 

引用:http://wear.jp/journal_12/10589614/

オーバーサイズのジャケット&Tシャツ、とメンズライクなコーデのなかで、女性らしい赤のミュールがとても目立ちます。一か所アクセントがあるだけで、コーデがぐっと引き締まりますね。

オーバーサイズのジャケットにはタイトなシルエットか、ガーリーテイストを合わせがちですが、あえてボーイッシュにいくのもアリですね。ミュールからのぞくつま先だけで女性らしさを表現できるのですから。

 

引用:http://wear.jp/yukalemage/10598922/

とにかく背中を見てほしい個性的なジャケット。髪の毛はアップして全力で背中見せしたくなります。インナーも大胆に背中の開いたものを選びたいですね。

ミリタリージャケットと言っても、カーキ系の色という共通点以外、形はさまざま。シンプルでオールマイティに使えるものもいいけど、デザインの変わったものも欲しくなっちゃいますね。

 

引用:http://wear.jp/ktksi501/9969659/

黄味が強めのミリタリージャケットはモノクロコーデによく似合いますね。オーバーサイズだけど柔らかいシルエットなので、”ミリジャケを着てる”感があんまり出ないのがポイント。

ひとくちにカーキ色、と言っても色合いが違ってくるので、コーデの相性も微妙に変わってきますね。ミリジャケを選ぶときには、形だけでなく色にも注目したいです。

 

引用:http://wear.jp/maarimo196/10744536/

着るだけが洋服の使いかたではありません。生地薄目のミリジャケなら、シャツのように腰に巻いてアクセントに、なんてこともできます。アディダスTシャツがよりスポーティーにみえます。

下半身にカーキ色を持ってくるのもアリですね。スキニーパンツ履きたいけどお尻に自信がないときにも、このコーデが使えます。

 

引用:http://wear.jp/sanki0102/8544911/

一歩間違うとパジャマにジャンパーなコーデですが、サイズ感が絶妙でカッコよく着こなしていますね。ミリタリージャケットの存在感は抜群で、コーデにメリハリを与えています。

スウェットパンツに合わせるときは、メンズライクなミリジャケの方が全体が引き締まりますね。コーデの難しいスウェットパンツですが、メリハリがあればおしゃれに着こなせそうです。

 

引用:http://wear.jp/yagisachi/10750104/

ミニスカートにもミリジャケは相性抜群。オーバーサイズ&ゆるめシルエットのジャケットで華奢見せ度がUPします。ジャケットは丈が長いほうが、脚長効果がありますね。

黒が基調のコーデにミリジャケを合わせると、より黒が強調されます。ミリジャケ自体の存在感が大きいので、黒との対比で全体的なバランスが良く見えますね。

 

引用:http://wear.jp/cestmignonmau/10521524/

こんなかわいいジャケットなら毎日着たくなっちゃいますね。細身デザインで、スタイル良く見えます。甘めだけどちゃんとミリジャケ感があるのもGOOD。

サロペットに合わせるなら、丈が短いものか、タイトなデザインのものを選ぶとバランスがいいですね。ヒールやバッグの可愛さについつい目が行く大人可愛いコーデです。

 

引用:http://wear.jp/hotping/10751940/

ミニ丈のレザースカート×ミリジャケでハードに決める辛口コーデ。不思議とやりすぎ感はないですよね。インナーがボーダーなのが一役買っているのかもしれません。細ボーダーで印象が優しくなります。

レザーは光沢感があるので、黒でも暗くならないのがGOOD。暗いトーンになりがちな秋冬のコーデに積極的に使っていきたいですね。

まとめ

辛口メンズライクなミリタリージャケットですが、どこかに女性らしさや美シルエットにこだわりをもてば可愛らしいコーデに印象付けられます。その両極のミックスがとってもセクシー。コーデに甘すぎる感のある場合は、ミリタリーを羽織るのもおすすめです。

関連記事

  1. アウター

    スカジャンレディースコーデ術秋冬!

    スカジャンという、アウターに強めのインパクトをもってきたレディースコー…

  2. 30代 ファッション

    スカート秋コーデ術!30代アラサー

    しんみりと秋の風が心地よいこの頃、でもちょっと寂しくなる気持ちはありま…

  3. アウター

    ポンチョレディースコーデ術!秋冬

    身にまとう大判ストールのような、中途半端なイメージのあるポンチョや、冬…

  4. トップス

    オフショルダーニットコーデ術グレー中心に

    やわらかなシルエットを作り出してくれるニット素材のオフショルは、この秋…

  5. アウター

    30代アラサーにおすすめトレンチコートレディース コーデ術秋冬!

    おしゃれな秋のアウター・トレンチコート。30代ならトレンチコートをオフ…

  6. アウター

    ロングカーディガンレディースコーデ特集秋冬!

    トップスとボトムス共にかちっとし過ぎてどこかにカジュアルダウンな要素を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 夏 コーデ

    レディースキャップコーデ術夏!
  2. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメル
  3. ボトムス

    チノパンレディースコーデ術スニーカー、ブーツ
  4. アウター

    ロングカーディガンコーデ術グレー秋!
  5. 10代 ファッション

    ガーリーファッションコーデ特集夏10代!
PAGE TOP