アウター

ユニクロPコート着こなし術!

ローティーンから似合ってしまうPコートは、正統派向け冬のベーシックアウターです。きちんとした仕立てで好感度抜群。Pコートを選択したのなら「ただ着る」のではなく、ボトムスやトップス、シューズも目的に合わせて選び、自分なりのおしゃれをプラスしてみてください。


スポンサーリンク

ユニクロPコート 紺色

紺色のアウターは、フォーマルにもデイリーにも使えるからダントツの人気です。襟のぷっくらしたふちどりがキュートなPコートが、おとなかわいい女子を演出してくれます。

紺色Pコート×スウェットパンツ

引用:http://wear.jp/mina69/3367436/

カジュアル&スポーティーなコーデに、真面目な印象のPコートをオンしたコーデ。

フードをだした着こなしのパーカーは、コートと同色のネイビー。また、ラフの代表格スウェットパンツはインナーと同色のグレー。きれいにクロップドさせてぴたっと感がでています。赤のチェック柄シャツをアクセントに出すなど、数々のトレンドをうまく組み合わせています。

紺色Pコート×ホワイトパンツ

引用:http://wear.jp/ohziro/5921229/

紺色Pコートに、ピュアなホワイトパンツを合わせたマリンテイストなコーデ。足元はクロップドさせて、はっきりとした抜け感をだせています。シューズはつや感のある黒パンプスで、おとなのリュクスな印象をプラスして。

トップスは、紺にも白にもどちらとも相性の良いグレーを選択。すると、コーデにまとまり感が加わって◎。足元の抜け感を抑えるかのようにビッグタートルネックでバランスをとりました。

紺色Pコート×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/popo0221/8666112/

ネイビーのPコートに、濃紺デニムパンツで仕上げたおとなカジュアルコーデ。パンツは2回折るのではなく、あえて大胆にアップさせてお茶目感をだしています。ハットはこれまたキュートなキャスケット。サイドに光る留め具がポイントです。

ピンクトップスは肌触りがやさしいアンゴラニット。ふんわり感がやさしく伝わってきます。バッグはさすがの大人仕様。コーデを確実に格上げしています。

紺色Pコート×白スカート

引用:http://wear.jp/rumiwatari/3020241/

紺色Pコートに、赤と紺の長袖Tを肩掛けしたアクセントのあるコーデです。全体がネイビーでまとめられていて、そこにパッと目を惹く赤が差し色になっておしゃれです。

また、暗い印象にならないよう、甘めな白のフレアスカートでぐっとフェミニンさをプラスして。高級感のあるダークブラウンバッグで、コーデをおとなの女性へとシフト!


スポンサーリンク

ユニクロPコート ベージュ

Pコートは厚手で仕立てがきちんとしているから、ボトムスは自由に選択しても上品な印象に仕上がるんです。流行にとらわれない、控えめな色合いのベージュコート。明るめな色のアウターは、今季もマストハブです。

ベージュPコート×ブラウンスカート

引用:http://wear.jp/bege19/6099797/

クラシカルなタイトスカートと同色のPコートで、レトロガーリーな印象に。インナーは甘め雰囲気の白を合わせ、さらにフェミニンムードUPです。

足元はブラウンのレースアップブーツを選択。紐が白なのでやわらかなイメージです。トップスの襟もとに相まった、フリル付きのソックスを履いての統一感が◎。

ベージュPコート×チェック柄ストール

引用:http://wear.jp/bege19/5721102/

シンプルシックな装いなので、ビッグストールを肩掛けしてアレンジしたコーデ。大きめチェック柄でとってもガーリーな雰囲気です。また、ほのかにグリーンが入っているところがおしゃれ。

足元は黒のショートブーツ。タイツも同色にしてきゅっと引き締め、脚長効果を狙います。トレンド感のあるグレーのファーバッグは、カジュアルスタイルにもオンスタイルにも合わせやすい。さらりと持てばアクセントとなり、コーデに華を添えてくれます。

ベージュPコート×チェック柄スカート

引用:http://wear.jp/sakurahagimei/5870649/

クラシカルな印象のベージュPコートです。シンプルベーシックなデザインなので、スカートはかわいいチェック柄にしてガーリーさを演出。シューズもスニーカーを合わせてヘルシーコーデに仕上がっています。

マフラーはスカートのブルー×ブラックにトーンを合わせて、ややダークなレッドをチョイス。スカートが長めの丈なので、マフラーで上にインパクトをつけスタイルアップを狙います。


スポンサーリンク

ユニクロPコート ブラック

季節や年齢を問わず、いつでもおとな感たっぷりに演出してくれるブラックコーデ。ユニクロ・黒のPコートで表した、若い人向けファッションをピックアップしてみました。Pコートメンズとは、ボタンの右左でしか差が感じられません。その分わたしたち女性が着る時は、ぐっとおんならしい装いがおすすめです。

ブラックPコート×チュールスカート

 

引用:http://wear.jp/suyuc/8754558/

黒のPコートに、フェアリーなベージュのチュールスカートを合わせたコーデです。重めアウターにスカートの素材で軽さをだしました。首元の抜け感も丸襟で、さり気にトップスにもフェミニンさがうかがえます。

足元は黒のレースアップシューズ。アンクルブーツなのでとってもハンサムレディな印象です。この手はヘビロテが可能。シンプルな色味の黒ブーツは、この冬もってこいのアイテムになりそう!

ブラックPコート×青チュールスカート

引用:http://wear.jp/poteko403/2966154/

チュールスカートで軽やかさをプラスしたコーデ。くたっとした白バッグもやわらかさをプラスしてくれます。

あざやかなイエローのマフラーも、上手に平置きしてリズム感が見られます。ダークカラーの装いに、とっても良いアクセントになっています。マフラーをしない時は、Pコートの襟をぴんと半立てしてもかっこいいですよ。もし明日のコーデがしっくりこなかったら、何回でもチェンジしてOK!納得のいくコーデをみつけましょう。

ブラックPコート×ホワイトスカート

引用:http://wear.jp/annasuilove0923/6044411/

黒のPコートに白のタイトスカートで、清楚感のあるきちんとコーデです。中高生の制服としても利用されているPコート。ティーンズ世代がかっちりスタイルにしても、背伸びをしているという違和感はありません。

黒のアウターですがスカートで甘めをプラスしているので、インナーやバッグはダークカラーにしてもバランスが良いです。

ブラックPコート×ベージュパンツ

引用:http://wear.jp/ykrm/8839561/

厚手のPコートは防寒性抜群。ボタンを閉めてスヌードを巻けば寒さ対策もばっちりです。ボトムスは、布をたっぷり使った、ベージュのシフォンスカンツでおんならしさを表しました。エレガントなパンツからちらっと覗くシューズがキュートです。

ボトムスがやや春らしい軽さがあるので、大きめスヌードで季節感を取り入れバランスも◎。

ユニクロPコート着こなし特集

引用:http://wear.jp/kaorhythm/8768580/

ウールの素材感を感じやすいミドル丈からロング丈のコートには、あえてレザー素材のロングブーツを組み合わせるコーディネートがオススメ!

異素材ミックスで、メリハリや陰影が生まれることで、奥行きのあるコーディネートに仕上げてくれます。ウールハットやレザーブーツなど、取り入れるアイテムの素材のバランスを考慮してコーディネートを考えるのがポイントです。

引用:http://wear.jp/kaorhythm/5504389/

ちょっぴりハンサムな甘辛コーデがお好きな方には、コンパクトなシルエットのPコートがオススメ!スタンドカラー風に着こなすことでかっこいいイメージを強調することができます。

ライダースジャケットなどのように、ブルゾン感覚で羽織りたい人には、肩幅や身幅共にコンパクトなサイジングのものを選ぶことがポイントです。

引用:http://wear.jp/may153/9019905/

きれいめなイメージの強いウールコートも、スニーカーを取り入れたあえてのカジュアルダウンが、大人可愛いトレンドスタイルに仕上げれくれます。

スニーカーやリュックなどのスポーティーなアイテムにはついついダウンなどのカジュアルなアイテムを合わせたくなりますが、あえてウールコートをスタイリングすることで、こなれた上級バランスに仕上げてくれます。

引用:http://wear.jp/kooooooume/8889153/

よりカジュアルな印象の強いキャメルやベージュのPコートも、毛足の長いボアティペット付きタイプを選ぶと、フォークロアな印象で、カジュアルでナチュラルな着こなしにも取り入れることができます。

襟元のボリュームやインパクトが大きくなるので、合わせるボトムス次第で与える印象も大きく異なります。コーディネートを考えるのが楽しくなるようなアイテムです。

引用:http://wear.jp/misamisa17thm/8617834/

清潔感のある大人なオフィスカジュアルコーデにも、実はPコートは相性抜群!襟元のボリュームが大きいとややカジュアルな印象になるので、コンパクトな襟元のものを選ぶのがオススメです。

コンサバなアイテムや、セミフォーマルなオフィスカジュアルなどの装いには、ファッションの温度を合わせてシックなバランスを心がけるのがポイントです。

引用:http://wear.jp/kyomas1122/2894745/

女性らしさを大切にしたいコンサバスタイルの人は、クラシックなスタイルのアイテムが苦手、という人も少なくないのではないでしょうか。

トラッドでクラシックなPコートも、コクーンシルエットやビッグシルエットのものを選べば、守ってあげたくなるような可愛らしさを演出することができます。華奢な足首やデコルテを強調できるので、モテコーデにも相性抜群!

引用:http://wear.jp/pooooochi0829/8418606/

Pコートも、素材次第で大きく印象を左右させることができます。生地感が分厚すぎないものを選べば、ショートトレンチのような軽やかな印象で、コーディネートに取り入れることも可能!

コンパクトなショート丈のPコートならミニスカートにもパンツスタイルにも合わせやすく、腰高にみせてくれる脚長効果で、スタイルアップさせてくれます。

引用: http://wear.jp/aoiyuno69/11308796/

アウターやコートのバランスが難しいと思われがちな、ペンシルシルエットのロングスカートや、ひざ下のミディアム丈のスカートも、ショート丈のPコートは相性抜群!

シルエットにメリハリが生まれることで、各アイテムの良さを潰さずに、おしゃれを楽しむことができます。なが目の丈のスカートなどのボトムスには、襟元にボリュームのあるタイプがオススメです。

引用:http://wear.jp/ayurela/6509795/

トラッドで上品、ややかっちりとしたイメージの強いPコートですが、バランスの良いショート丈のものを選べば、ジョガーパンツなどカジュアルでラフなボトムスにも合わせやすくなります。

全身のバランスで見たときに、どうしても面積が広く印象が強く残りやすいのが冬のアウターですが、ショート丈のものなら軽やかにバランスよく仕上がります。

引用:http://wear.jp/moesucks16g/5961447/

クラシックなイメージのダブル仕立てのPコートは、同じくクラシックなテイストのアイテムと相性抜群!ツイード素材やチェック柄など、秋冬コーデの定番アイテムとも合わせやすいので、

コーディネートに取り入れやすいのではないでしょうか。ソックスとレザーシューズに合わせることで、若々しくトレンド感のあるバランスに仕上がります。

引用:http://wear.jp/bege19/5596922/

レトロでクラシックなお嬢さんスタイルにも、Pコートは相性抜群です。アクティブでカジュアルなショート丈のものよりも少し着丈の長いミドル丈のものを選べば、品よく落ち着いたイメージに仕上げてくれます。

パンツスタイルはもちろんのこと、ミニ丈や膝丈のスカートにも合わせやすく、幅広いテイストのボトムスにも合わせやすいでしょう。

引用:http://wear.jp/saxphonoe/5825429/

トラッドで上品な印象のPコートは、ヴィンテージ感を感じさせるアメリカントラッドなコーディネートとも、もちろん相性抜群です。

帽子やバッグ、ブーツなどの素材感を主役に、全身のバランスをスタイリッシュに仕上げてくれます。トレンドのヴィンテージスタイルも、ルーズにせずに品よくまとめてくれるのは、Pコートならでは!

引用:http://wear.jp/misamisa17thm/8444491/

トラッドなイメージのPコートを、女性らしくガーリーな冬コーデに取り入れたい人にはAラインのシルエットのPコートがオススメ!コンパクトな襟元のデザインを選ぶと、より裾広がりなAラインを強調できるので、

小顔効果も期待できるのではないでしょうか。ふんわりと揺れるプローツスカートやミモレ丈のボトムスとも相性抜群です。

引用:http://wear.jp/bege19/5753164/

トラッドなイメージでPコートを冬コーデに取り入れたい人には、Aラインではなくシャープなストレートラインのシルエットのものがオススメ!

メンズライクでマニッシュな印象の中にも、女性らしさをキープしたい人には、柔らかな印象に仕上げてくれるキャメルやベージュなどの淡色のものがオススメです。スッキリとしたシルエットでも、きつい印象になりません。

引用:http://wear.jp/lee8180/5921252/

上品にバランスよくコーディネートに取り入れやすいPコートは、大人のカジュアルコーディネートにも相性抜群!デニムに限らず、ベイカーパンツやチノパンなど、様々なパンツにも合わせやすいのは、

コンパクトなシルエットと、バランスの良い着丈のおかげ!さっと羽織るだけで、カジュアルコーデにもまとまりを与えてくれます。

引用:http://wear.jp/smama/5743196/

シンプルで幅広いテイストのコーディネートにも合わせやすいPコートは、スタイリングのバランスを取りやすいので、着こなしやすい優秀アイテム!

シューズやバッグなどに季節感を感じさせる小物を取り入れて、コーディネートの主役にすることも可能。トレンドアイテムと合わせても引き締めてくれ、コーディネートに取り入れやすく汎用性が高いのも魅力です。

引用:http://wear.jp/hiy1212/10702732/

かっちりとした上品なシルエットが魅力のダブルのPコートも、キャメルを選べば柔らかな印象に!かろやかなイメージで、カジュアルダウンしてデイリーのコーディネートに取り入れやすくなります。

ちょっぴりレトロで柔らかな印象に仕上げてくれるので、秋冬のコーディネートとも相性抜群で、着こなしの幅を広げてくれます。

引用:http://wear.jp/smama/5953378/

ショートからミドル丈のPコートは、バランスよく仕上げてくれるので、背が低い女性にもオススメです。

コーディネートの全身のバランスを取りやすくしてくれるので、シンプルなデニムコーデもバランスよく仕上げてくれます。デニムにニットのシンプルでラフなスタイリングでも、ルーズな印象にならないのできれいめに仕上げてくれます。

引用:http://wear.jp/smama/5831635/

AラインのPコートなら、ゆったりとしたシルエットで、大人の余裕を感じさせる冬コーデに大活躍してくれます。ややビッグシルエットに仕上げてくれるので、肩がけなどの羽織るスタイルの冬コーデにも相性抜群です。

カジュアルな中にもトラッドなイメージをキープできるので、上品な印象に仕上げてくれるので、タウンユースな着こなしも品よくまとめてくれます。

引用:http://wear.jp/630981/3716275/

アクティブで爽やかなイメージのPコートは、軽やかな着こなしが魅力!マリンテイストな爽やかさで、重たい印象になりがちな冬のアウターも爽やかに着こなすことができます。

いつものシンプルな、冬コーディネートもガラリと印象を変えてくれます。若々しくはつらつとしたイメージで、大人女子にもオススメのアウターです。

 

まとめ

厚手で存在感のあるPコート。パンツスタイルでマニッシュに。また、ガーリーなスカートを組み合わせればおとなかわいいファッションが簡単にできるんです。フォルムがベーシックなだけに、小物遣いは思いっきりおしゃれにしてOK。今季、存在感のあるPコートを重めに、なおかつさらっと着こなしてみませんか?

関連記事

  1. 冬 コーデ

    ニットワンピコーデ術!カーキ、白など

    ピタっと身体に張り付くようなニットワンピも女性らしくて良いですけど、最…

  2. アウター

    ニットベストレディース着こなし術!

    コーデの雰囲気が変わるニットベストはここ最近のトレンドアイテム。でも、…

  3. ボトムス

    サロペットコーデ術冬!30代アラサー

    一枚でおしゃれ感の出るサロペットは冬のコーデにもぴったり。大人の雰囲気…

  4. ボトムス

    黒中心!ガウチョパンツコーデ術冬!

    黒を中心としたガウチョパンツコーデをご紹介します。黒というクールなガウ…

  5. アウター

    ロングコートレディースコーデ術!

    冬はなにかと用事が多くて大変。お洋服を考えている余裕なんてないかも。そ…

  6. ボトムス

    ユニクロスキニーレディースコーデ術!

    ユニクロのアイテム・スキニーパンツでの冬コーデをご紹介します。プチプラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    Gジャンコーデ術レディース秋冬!
  2. 30代 ファッション

    スカート秋コーデ術!30代アラサー
  3. 30代 ファッション

    ママ世代の海コーデ特集!夏
  4. アウター

    2017-2018冬アウターレディースコーデ術!
  5. 夏 コーデ

    スキニーを使ったレディースコーデ術!春夏!
PAGE TOP