冬 コーデ

ユニクロコーデ冬2017-2018!

今年の冬のトレンドを織り交ぜたユニクロファッションWOMENをご紹介します。シンプルだからユニクロ同士組み合わせても、ほかのプチプラ商品と合わせても、簡単にコーデが完成しちゃうんです。


スポンサーリンク

ユニクロコーデ冬 2017-2018!レザー

ユニクロのアウターを使ったスカートでのコーデをご紹介します。ライダースジャケットはトレンドに関係なくいつだって甘辛ミックスの鉄板!とにかくマストバイです。アウターに関しては、「レザー」は、今年の冬!ユニクロおすすめのアウターです。

ライダースジャケット×スリットスカート

引用:http://wear.jp/kakacoco/8582470/

前スリット入りデニムスカートと、ユニクロのライダースジャケットのコーデです。ミモレ丈のデニムスカートですが、長めスリットのおかげで快活に歩くことができます。しかも大胆なチラ見も、素材のカジュアルさによってうまくセクシーダウンが可能に。

アニマル柄チェーンバッグを肩掛けスタイルはまさに旬。小ぶりのバッグは華奢なあなたを演出してくれます。

ライダースジャケット×ワンピース

引用:http://wear.jp/yuriri0315/8771457/

黒のワンピースにピンクのライダースジャケットを肩掛けした愛されファッションです。引き締め黒のワンピースにアウターを肩掛けすれば、即座に華奢な雰囲気にしてくれること間違いなし。

ブレスレットも細めタイプを選び、ライダースの辛みを抑えていてGOODです。足元はカジュアルにコンバースのハイカットで、元気なツートーンコーディネートの出来上がり。


スポンサーリンク

ユニクロコーデ冬 2017-2018!ロングコート

去年と引き続き「ロングコート」がユニクロのおすすめアイテムです。美しいIラインを強調してくれるロングコートでスタイリッシュにキメましょう。

ロングコート×ビンテージ感パンツ

引用:http://wear.jp/yucakoyume/9140328/

黒のロングコートとゆるめのデニムパンツのカジュアルコーデです。コートっていうと、カチッとしすぎるイメージがありますが、ゆる感たっりなブルーデニムのパンツと合わせて、カジュアルスタイルに大変身。色落ち具合がビンテージ感を漂わせます。

コートとは反対色の白をインナーに選びました。シューズも同じく白で、ピュアな清らかな印象をほのかにプラス。

ロングコート×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/yunpi/9139875/

ブラウンのロングコートと、濃紺デニムパンツのシンプルなコーデ。ボトムスやバッグがメンズライクなので、トップスはガーリーなピンクをチョイス。ビッグタートルネックにすればコートを着ていても見えるので、顔まわりをかわいらしく演出してくれます。


スポンサーリンク

ユニクロコーデ冬 2017-2018!ツイード

アウターに関してですが、粗めの織物でできた「ツイード素材」は、この冬ユニクロのおすすめアイテムです。グレーのツイード素材のアウターをご紹介します。

 

ノーカラーコート×台形スカート

引用:http://wear.jp/yunpi/8406924/

ユニクロのツイードノーカラーコートです。グレーコート、ローヒールの黒シューズでおとなの品格をアップさせています。トップスに合わせた色味のベレー帽でかわいらしさもプラスして。

ブラウンの台形スカートはひざ上丈。長めコートオンスタイルで美脚を披露し、シャキッとクールな通勤モード。

ステンカラーコート×プリーツスカート

引用:http://wear.jp/more1750175/8446727/

ミディ丈プリーツスカートに、グレーのステンカラーコートをオンしたコーデです。ロング丈同士で縦のラインを強調。スタイルアップがうまくできています。ショートブーツの上にほどよく見せた抜け感で軽さを演出します。

ストールはダークカラーをチョイスしておとなのムードに。バッグは小物でのバランスをとってピュアな白を選択して◎。

 ユニクロコーデ冬 2017-2018!明るめカラー

アウターは「明るい色」が今年の冬のおすすめカラー。さりげなくトレンドを取り入れ、真似されるような、周囲が憧れるようなあなたを目指しましょう。

ムートンコート×ダメージパンツ

引用:http://wear.jp/say0111/5998540/

ユニクロのムートンコートと、アイスブルーのデニムパンツです。ひざのダメージ感で遊び心を醸し出して。また、クロップドさせた肌見せもほんのりセクシーです。コートはそんなボトムスに合わせてラフに肩掛けで◎!

ネイビーの大きめプルオーバーはきれいにフロントイン。脚長効果もばっちりです。

ベージュコート×ペンシルスカート

 

引用:http://wear.jp/abcherry07/8804640/

ベージュのコートとジャージー素材のペンシルスカートのコーデです。一見ワンピースやセットアップに見えますが、別のものを合わせてまとめるのもおしゃれ。色味の異なる明るめコートできれいなIラインを披露しています。ストールの色味がグラデーション風でとっても素敵!

ノーカラーコート×スキニーパンツ

引用:http://wear.jp/himariso/9243212/

ベージュコートとスキニーパンツのコーデ。コートの袖はアップさせてメンズライクな黒の腕時計をばっちりアピール。ショルダーバッグ、ストールなどの小物も同じく黒で、ベージュというアウターを引き立たせています。

ストールをラフに持ってゆれるリズム感もプラス。シューズはローテクスニーカー。脚の肌見せも抜かりありません。

テーラードコート×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/yukina428/8813339/

ベージュのロングアウターにやわらか素材のデニムを合わせたコーデです。パンツの裾はクロップドせず、あえてくしゅっとさせて素材の風味を活かします。ブルーの色味がカジュアルさを増して。

インナーは赤なのであたたかみが感じられます。赤×ブルーの色のミックスを、ベージュの色味でぐんとおとなな雰囲気に。

ユニクロコーデ冬 2017-2018

引用:http://wear.jp/akino1219/9356280/

ボーダーのトップスにデニムという、普通はシンプルに見えがちなコーディネートですが、迷彩柄のジャケットを合わせることで、一気にオシャレ感が溢れる着こなしとなっています。

さらに、デニムも普通のデニムではなく、ダメージデニムにしていたり、すっきりと見えるように裾をロールアップしている点もポイントになっており、かわいいコーディネートです。

 

引用:http://wear.jp/htm529/9356410/

鮮やかなピンク色のトップスに、黒のボトムスというパキッとした印象のコーディネートになっています。着こなしが難しく見えてしまうコーディネートですが、羽織っているコートがベージュ色なので、そこまでトップスが目立ってしまうといこともありません。

またはっきりとした色合いの分、コートやボトムスの裾が広がっていても、ダボっとした印象にならずに、着こなすことが出来ます。

 

引用:http://wear.jp/ymmmk/9356109/

白のタートルネックに、スキニーデニムの組み合わせは、とても女性らしさを引き出してくれるコーディネートです。流行りのレザー素材のジャケットで、さらに今っぽく着こなせて、さらにスニーカーを合わせることで、ラフさを強調することが出来ます。

全体の色合いがとてもシンプルな分、鮮やかなピンク色のバッグを合わせることで、全体にメリハリを与えてくれます。

 

引用:http://wear.jp/chipo930/9117479/

首元まである黒のトップスが、全体的なコーディネートをまとめてくれています。また、丈が短い分、デニムがハイウエストになっているので、足長効果も期待出来ます。

ボルドーの靴を合わせることで、一気に冬っぽいコーディネートになっており、さらにあえて足首を見せずに靴下を履くことで、今年らしい流行を取り入れた着こなしです。

 

引用:http://wear.jp/saya117232/9153331/

レザーという辛めのジャケットに、ロングプリーツの女性らしいスカートを合わせることで、甘辛ミックスのコーディネートになっています。

ジャケット、バッグ、ヒールが黒で全体を引き締めてくれるので、ボルドーを取り入れたマフラーを使用することで、全体が暗くなり過ぎずに、さらに一気に秋っぽく仕上げてくれています。

 

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/9150795/

グレーのボトムスに黒のスキニーは、相性が良いコーディネートです。一見ラフになりがちなコーディネートですが、レザージャケットを合わせることで、オシャレに仕上げてくれています。

全体的に黒を基調としているので、足元に真っ白なスニーカーの合わせて、裾をまくって足首を見せることで、一気に抜け感を出すことが出来ます。

 

引用:http://wear.jp/50311242/8958736/

全体的に、白や黒、グレーを使った色の相性が良いコーデです。シンプルに見えがちですが、ボトムスを深いネイビーのデニムにすることで、一気にこなれ感を出すことが出来ます。

またロングコートを取り入れることで、今っぽい流行りの着こなしが出来ています。白の靴下であえて足首を見せないところも、オシャレなポイントです。

 

引用:http://wear.jp/mariko0121/9237683/

ボーダーのトップスに合わせがちな普通のデニムを選ぶのではなく、あえて裾の広がったボトムスを選ぶことで、オシャレ上級者のこなれ感のあるようなコーディネートになっています。

ハイウエストなので、足長効果も期待できるのもポイントです。また、カーキ色のMA-1で、流行りを取りれたいまどきの着こなしになっています。

 

引用:http://wear.jp/sanki0102/8995384/

黒のトップスに体のラインが出るピタッとしたデニムを合わせたコーディネートは、女性らしさを出しつつも、かっこよく服を着こなしているという印象を与えてくれます。

上下がシンプルになりがちな分、腰にスカーフを巻くことで、全体が一気に華やかに。白の靴下で足元を見せないことで、シンプルな中にオシャレを見出してくれる着こなしになっています。

 

引用:http://wear.jp/sato31053105/8960795/

一番に目にくるカーキ色のMA-1は、第一印象で思わずオシャレと思ってしまいます。ボーイッシュな分、ボトムスをスカートにすることで一気に女性らしい着こなしに。

首元のマフラーをあえて強調することで、オシャレ上級者のようになります。足元を優しいグレーで合わせると、ラフな印象を与えてくれるので、全体として相性が良くなります。

 

引用:http://wear.jp/wailee/9030228/

全体的に白と黒でまとめられている、はっきりした色合いのコーディネートです。シンプルに見えがちですが、トップスを少し大きめのニットにすることで、女の子らしいかわいい印象です。

さらに、トップスが大きめな分、ボトムスを体のラインが出るようなピタッとしたものを選ぶことで、シルエットよく着こなすことが出来ます。

 

引用:http://wear.jp/tae0v015/9303148/

全体的にゆるめのコーディネートなので、男性には真似出来ないような、女性らしいコーディネートになっています。さらにトップスを白のレースで合わせることで、ますます女性らしくなっています。

カーディガンを合わせがちなところを、黒のMA-1を合わせることで、流行りを取りれたオシャレな着こなしになり、また全体を引き締める効果を出してくれます。

 

引用:http://wear.jp/komasan1106/8965110/

全体的に薄めの柔らかい色合いのため、冬っぽく、さらにきちんと感あふれるコーディネートになっています。体にフィットしたトップスやボトムスを選ぶことで、スタイルよく見せることが出来ます。

柔らかな色合いな分、バッグを黒にすることで一気に引き締めてくれて、足元をスニーカーにすることで、きちんとした中にラフさを取り入れてくれています。

 

引用:http://wear.jp/misato36/8963197/

白のタートルネックに、ボルドーのスニーカー、迷彩柄のジャケットに、ベージュの帽子とマフラーという組み合わせは、まさに冬っぽさあふれるコーディネートとなっています。

トップスもボトムスも全体的にゆとりがあるので、より女性らしいが際立つような着こなしが出来ています。バッグに白を持ってくることで、全体として明るい印象です。

 

引用:http://wear.jp/karachaaan/9355495/

明るい色合いを多く使っているので、全体的に優しく、女性らしい印象を与えてくれるコーディネートになっています。

足のラインが出るピタッとしたボトムスに、パンプスを合わせることで、女性らしさの中にかっこよさを組むことが出来ているので、甘くなり過ぎなくなっています。また、黒のパンプスは全体を引き締めてくれる効果があります。

 

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/8966884/

全体的にゆるっとしたコーディネートなので、かなり女性らしい印象を与えてくれます。トップスとボトムスの色合いがシンプルなので、羽織っているコートの鮮やかな色が際立っています。

また、コートの色がからし色という点が、今年らしさもあります。黒のスニーカーを履くことで、足元を引き締めてくれる効果を期待出来ます。

 

引用:http://wear.jp/moimaru6/9045064/

トップス、靴、バッグと、全体的な印象を決めやすいところに白を持ってくることで、はっきりとした色合いのコーディネートになっています。全体がシンプルな分、ベルトをシルバーにすることで、一気にオシャレ感が溢れる着こなしが出来ています。

また、ジーンズの裾をロールアップしている点も、オシャレなポイントとなっています。

 

引用:http://wear.jp/spthanx/8938184/

トップスの白、ボトムスの黒、そしてアウターのベージュという色の組み合わせは、冬っぽさ溢れる中に女性らしさを見出してくれる、相性の良い組み合わせです。

また、あえてボトムスを少し大きめのものを選ぶことで、きちんとし過ぎずに、それでも全体をまとめてくれるような効果を出してくれます。バッグもにもベージュも持ってくることで、全体に統一感が生まれます。

 

引用:http://wear.jp/tae0v015/9081652/

全体的に黒が多く、膨張して見えやすい冬のコーディネートでも、スタイルを引き締めてくれるような効果があります。サッシュベルトを使っている点も、今年らしくてかわいいです。

足元をきっちり隠している分、トップスを鎖骨が見えるようにVネックを選ぶことで、抜け感を出してくれています。スカートも冬っぽい色合いを選ぶことも、ポイントです。

 

引用:http://wear.jp/hime0823/9102364/

全体的にとてもシンプルな色の組み合わせですが、デニムジャケットの上にさらにMA-1を羽織ることで、かなりこなれ感を出すことが出来ます。

二枚も羽織っていると、膨張して見えやすくなるのですが、ボトムスや靴が全体を引き締めてくれているので、とてもコーディネート全体の相性が良くなっています。あえて足首を出すことで、抜け感が出ています。

 

まとめ

ユニクロの2017-2018冬コーデをお届けしましたが、いかがだったでしょうか。トレンドを掴んでおいての買い物は、ぐーんと楽しさがUPしますよ!

関連記事

  1. アウター

    ユニクロPコート着こなし術!

    ローティーンから似合ってしまうPコートは、正統派向け冬のベーシックアウ…

  2. アウター

    Aラインコートコーデ術!黒中心に

    黒を中心とした、Aラインコートをご紹介します。アウターにビッグシルエッ…

  3. アウター

    モッズコートレディース30代コーデ術!

    経験豊富、知識も豊富な30代!お・と・な~な30代女子のみなさんに、渋…

  4. ボトムス

    カーキ中心!ガウチョパンツコーデ術秋冬!

    着れば着るほど味の出るカーキパンツ。落ち着いた深みのある色は、ミリタリ…

  5. アウター

    MA-1レディースコーデ術!黒中心に!

    オーバーサイズのアウターに慣れてきたのなら、今季はMA‐1にトライして…

  6. アウター

    ロングコートレディースコーデ術!

    冬はなにかと用事が多くて大変。お洋服を考えている余裕なんてないかも。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    ロングカーディガンレディースコーデ特集秋冬!
  2. ボトムス

    ストライプズボンレディースコーデ術!黒中心に紹介
  3. 冬 コーデ

    しまむらショートブーツコーデ術!2017-2018
  4. 30代 ファッション

    ムートンブーツレディースコーデ特集30代アラサー!
  5. 30代 ファッション

    男ウケ抜群の30代アラサーデートコーデ特集春夏!
PAGE TOP