冬 コーデ

冬コーデレディース特集!2017-2018

寒い冬は出かけるのが嫌になってしまいますよね。でも、大好きなコーデなら外に出るのだってうきうきになっちゃうかも。冬にしか楽しめないコーデだってあるので、家の中にいるのはもったいない!冬には必須のアウターを中心に、寒い季節ならではのアイテムをチョイスしたコーデをまとめました。


スポンサーリンク

冬コーデレディース アウター

冬の必須アイテムであるアウター。暖かさはもちろんだけど、デザインには気を使いたいですよね。もこもこあったかジャケットもいいけど、シンプルなロングコートでシックに決めるのもあり。パンツスタイルかスカートかでも、アウターの選択が重要になってきます。着ぶくれしがちなので、どこかを引き締めたりアクセントを持ってくると、全体のバランスがよくなりますよ。

ダウンジャケットコーデ

引用:http://wear.jp/journal_05/10589623/

シックに決めたコーデに、無骨なダウンジャケットというのも意外や意外、マッチしてしまうものですね。クラシカルな雰囲気の白いシャツが映えます。ダウンジャケットと合うイメージではないのですが、見事に着こなしていますね。

ダウンジャケット×ロングスカートは野暮ったくなりがちなのですが、スカートの引き締まる黒&ハイウエストでスタイリッシュに決めています。カジュアルコーデにダウンを合わせるのもいいけど、シックなコーデに合わせると大人な雰囲気が引き立ちます。

 

引用:http://wear.jp/spick254x1/10581498/

こちらはタイトめなダウンジャケット。暖かさとデザインを両立した、きれいめデザインです。ボリュームのあるファーが暖かそうですね。全体的にトーンが明るめで、軽やかな印象のコーデとなっています。

細いボーダーのインナーは太めボーダーよりもインパクトが抑えられて上品に仕上がります。足元は、華やかなアクセントを与える赤いヒール。ちょっと寒そうかななんて思ってしまいますが、やっぱり素足じゃないと引き締まりませんね。

 

引用:http://wear.jp/hiroki0713/9210558/

完全にロングスカートに見える、ボリュームたっぷりのスカーチョは冬にぴったり。ギャザーが入っていて、ひらひら感はむしろスカートよりもあるかも。トップスはパーカーに黒のジャケットであったか仕様です。

インパクト強めの深いピンクのパーカーがコーデを華やかにしています。冬は無難に暗いトーンでまとめがちですが、冬だからこそ鮮やかカラーのアイテムを取り入れて、元気なイメージを出したいですね。

 

ロングコートコーデ

引用:http://wear.jp/ari0818m/8666661/

さらっと羽織りたいシルエットの綺麗なロングのチェスターコート。シンプルなコーデに合わせて、こなれた感じで着こなしています。最近はワイドパンツも流行りだけど、チェスターコートのシルエットを最大限活かすスキニーパンツがGOOD。

ちょっとまくった袖から見えるセーターの赤が絶妙です。さりげないけど、もちろん狙ってます。腕まくりは、細い手首が見えて女性らしさをアピールできるし、袖の表情が変わるので手軽にできるおしゃれテクニックですね。

 

引用:http://wear.jp/m12a20i/9041174/

寒い冬でもへっちゃらな本格的ロングコート。ちらっと見える脚が魅力的なスカートコーデに良く似合います。足元はグレーのタイツなので、暗くなりすぎないのがポイント。白いワンピースもよく映えます。

冬はバリっと黒で決めるいいですけど、グレーのトーンだと優しさがでて明るい印象になりますね。白いアイテムを合わせるときも、黒だと冷たい印象の白になってしまいますが、グレーの中だと柔らかく綺麗に見えます。

 

引用:http://wear.jp/ari0818m/9200326/

シンプルなようで、バランス感が絶妙なこなれたコーデ。バッグのさし色がコーデにアクセントを与えています。一昨年くらいから流行りはじめたバケツ型のバッグは、今年もトレンドです。ころんとしたフォルムが可愛いですね。

深めのタートルネックのニットがコーデの隠れたポイント。首回りがゆるめで優しく顔を覆い、印象が柔らかくなり小顔効果もありますね。首がきつく感じられたり、似合わないからとタートルネックを敬遠している方にもおすすめしたいアイテムです。

 

引用:http://wear.jp/mukku0425/9195410/

デニムシャツ×デニムパンツの辛口コーデですが、それを黒のロングコートがバシっと引き締めています。ポインテッドトゥのブーティは辛口コーデを足元から印象付けていますね。クロップド丈のスキニーパンツと相性抜群です。

デニムにデニムを合わせるスタイルはなかなか難しい感じがしますよね。でもアウターを羽織れる季節なら印象が落ち着くので、挑戦してみるチャンスです。

 

引用:http://wear.jp/saya53/9195174/

大人カッコいい、ふくらはぎまで覆う長めのコートがポイントですね。コート一枚で、シンプルカジュアルコーデががらりと大人色に変身しています。肩にかけただけのロングコートがカッコいい大人の女性を演出します。

まるいフォルムのバケツ型バッグが、大人カッコよく仕上がったコーデに可愛さをプラスしています。一か所、イメージの違うアイテムを取り入れることで抜け感が出ますね。

 

もこもこアウターコーデ

引用:http://wear.jp/otaairi/10778662/

もこもこのアウターはボリューム感があるけど、ショート丈でバランスが良いですね。ウエストに切り返しデザインの入ったブラウスと相性抜群です。ボーイッシュデニムのシルエットもチャーミングに見えます。

もこもこアウターと相性のいいカラーの茶色は、印象がやわらかくなりますね。もこもこ感は小動物のような可愛いイメージも出せるのでおすすめです。

 

引用:http://wear.jp/frame265x1/10779427/

もっこもこのアウターに、ボーイッシュなデニムをあわせた、どこか愛らしさのあるコーデです。アウターはかなりボリュームのあるシルエットですが、襟もとは開いているので、すっきりして見えますね。アップスタイルの髪と合わせて首回りが綺麗に見えます。

綺麗なデザインのパンプスがコーデのポイント。冬はブーツを履きたくなりますが、綺麗に足の甲が見えるパンプスは、足元から女性らしさを演出してくれます。ちょっと印象強めな色をチョイスすれば、冬には主役級のアイテムです。

 

 

引用:http://wear.jp/riri160909/8895521/

優しい色合いのアウターとミニスカートがマッチしてガーリーに仕上がっています。黒のタイツが映えるベストな冬コーデですね。足元で光るつるんとした質感のブーティがコーデにアクセントを与えています。

ふりふりのフリルのショルダーバッグがガーリーなイメージをさらにプラスしていますね。さりげなさを捨てて、全力で可愛さをアピールできるアイテムです。

その他のアウターコーデ

引用:http://wear.jp/2007330/8995447/

ちょっとオジさんっぽさのあるクラシカルな雰囲気のシャツに、スキニーパンツを合わせて大人可愛く仕上げています。おじさんが着ていそうなコーデを女の子がすることでギャップが生まれてキュートな印象に変身します。

Vカットラインのパンプスがコーデに花を添えていますね。白ソックスは膨張して見えがちですが、Vラインのおかげですっきりして見え、パンプスのVラインもはっきりと見えるようになるので、相性抜群ですね。

 

引用:http://wear.jp/yhtmy1107/8666449/

思わず二度見してしまうシルエットですね。シャツワンピースの前を開けて、その上にライダースジャケットを羽織っています。シャツワンピのかわいい柄も目を引き、ロングコートは一味違うシルエットが、こなれ感満載です。

シャツワンピの前を開けて着るコーデは珍しくありませんが、その上にアウターを羽織ってしまうのはお洒落ですよね。なかなかこう綺麗なシルエットは出せないので憧れのスタイルです。

 

引用:http://wear.jp/rieringo0707/9241265/

キュートなピンクのアウターにさまざまな色合いをチョイスして、ぱっと見は派手だけど、個性的にまとまっています。どピンクのジャケットはコーデが難しいような気がしてしまいますが、それに負けない色をぶつけることで、かえってまとまり感がでていますね。

コーデを考えるときにカラーはまず重要な要素ですが、知識だけでは補えない部分がありますね。派手な色合いをまとめるにはセンスを磨くしかありません。

 

引用:http://wear.jp/saya53/9203325/

シルエットがだぼっとしがちなムートンコートはなかなか着こなしが難しいですが、ボーイッシュなコーデに合わせて大人カジュアルに決めています。外国の少年っぽい雰囲気もある茶目っ気たっぷりなコーデです。

穴あきデニムは、シルエットのせいかワイルドさはなく、むしろガーリーな印象さえありますね。ボーダーのあるニットとの相性は抜群です。

 


スポンサーリンク

冬コーデレディース ニット

寒い季節の定番はやっぱりニット。どんな世代のどんなコーデにも合う万能アイテムです。伸縮感をいかしてピタッと着るものいいし、クラシカルな網目のだぼっとしたセーターも可愛いですよね。重ね着でも無限の可能性があるし…。コーデの方法がいろいろすきて迷ってしまいます。

定番白セーター

引用:http://wear.jp/live4raih/10756233/

白セーター×デニムシャツは、簡単にコーデできて、おしゃれ感の出るベストな組み合わせ。デニムシャツは明るめな色をチョイスすると、白セーターに馴染みやすいですよ。セーターの袖からもちらっとシャツを見せるのがポイントです。

セーターのデザインが綺麗ですね。中にシャツを着るのを前提でデザインされているのではないかと思えるシルエットです。Vネックで襟のあるシャツが綺麗に見えて、前だけ丈の短い裾からシャツがちらりとのぞく計算されたスタイルです。

 

引用:http://wear.jp/hime0823/8640146/

だぼっとした白のセーターにさっぱりと黒スキニーをあわせたカジュアルコーデ。こういったコーデはメンズライクなイメージになりがちですが、足元の茶色のモカシンが可愛さをアピールしています。

ぺったんこで歩きやすいのに、ガーリーな印象を与えられるモカシンは、寒い季節にしか楽しめないアイテムです。カジュアルコーデに取り入れると簡単にガーリー感を出せるのでおすすめのアイテムです。


スポンサーリンク

グレーのニット

引用:http://wear.jp/wear10056/8895660/

一見、太目のリブかなって思ってしまうのですが、ストライプのプリントが入った可愛いニットです。リブのようにアクセントを与えてくれるのに、シルエットに気を使わなくていい、優秀なアイテムですね。

深い緑のスカートは冬のトーン。ドレープ感が美しく、全体のイメージををシックにまとめてくれます。緑のスカートと、足元の黒は相性抜群ですね。きれいめ大人なスタイルを作り出しています。

 

引用:http://wear.jp/ha0569aaaa/8822777/

柄物が一部隠れるだけで、ずいぶん印象が変わるものですね。華やかさが抑えられるかわりに上品なイメージが出ます。目を引くスカートのデザインですが、スカートの紺色とニットのグレーが相まって上品なコーデに仕上がっています。

グレーのニットはどんなカラーにも合わせやすい優秀アイテム。中間色なので、合わせたカラーの色を引き立ててくれます。冬には一枚持っておきたいアイテムですね。

ベージュのニット

引用:http://wear.jp/wear10056/9062383/

明るめベージュのざっくりニットに、黒のスキニーを合わせたシンプルコーデ。そこに、キャスケットやヒョウ柄のバッグで遊び感をプラスしています。どんな場所にも出かけられそうなナチュラルな雰囲気ですね。

浅めのブーティはアンクル丈のパンツと相性がよく、足が綺麗に見えます。ブーティとパンツの間の肌が見える領域が重要なので、パンツの丈はしっかり計算ずくでチョイスしたいです。

ピンクのニット

引用:http://wear.jp/aoaoaoi1003/9201675/

ガーリーなピンクのニットにミニ丈のデニムスカートが良く似合っています。ミニスカートでもデニムだと大人感がでて、落ち着いた感じに仕上がりますね。かなり短い丈でも、やりすぎ感のない仕上がりです。

セーターはゆるいシルエットが魅力的です。袖にたっぷりとボリュームがあるので、華奢感絶大ですね。

冬コーデレディース ロングスカート

さむーい冬はロングスカートコーデがお手軽。きれいめにも可愛くも決まるので、ついつい同じアイテムを使いがちです。でもみんなと被っちゃうことありませんか?手抜きなしの個性派ロングスカートコーデなら注目を集めること間違いなしです。

引用:http://wear.jp/totojack/9050443/

一見普通のロングスカートかなと思いきや、透け感ある薄い生地で冬にはインパクトがあります。透けて見える生足が眩しいですね。きれいめカジュアルな全体に、ピンクの靴下が抜け感を演出しています。

あえてこのアイテムを合わせるの!?というものを持ってくることで遊び感がぐんと出ますね。チョイスはなかなか難しいですが、上手くハマればおしゃれ上級者です。

 

引用:http://wear.jp/mikakkk/10727263/

インパクト大!のレザーのロングスカート。全身黒のコーデは肌の白さが引き立ちますね。ピンク系のメイクでドーリーに見せたいです。アイテム的にはロリータ系なのですが、ルーズな雰囲気が大人な感じに仕上がっています。

徹底的に肌色を隠した全身が鮮烈な印象を与えるポイントですね。袖も長めなのでしっかりと指先まで覆っています。

 

引用:http://wear.jp/amelie1214/8913164/

分厚いデニムのロングスカートは冬に着たいアイテムナンバーワン。カジュアルにもきれいめにも仕上がる着回し自由自在なアイテムです。こちらのデニムスカートは切り返しの入ったデザインで可愛らしい印象です。

個性的な羊のベストがキュートな、ガーリーコーデに仕上がっていますね。ベレー帽も印象付けに一役買っていて、気分はすっかりアーティストです。

 

引用:http://wear.jp/ari0818m/9020059/

生地厚めのロングスカートはドレープ感が美しいです。前だけインして表情を変えたニットとのバランスは絶妙。ニットのルーズさも手伝って、ウエストの細身見えは強力ですね。

バケツ型のレザーバッグから覗いてるファーが、まるでほわほわとお花が咲いているようで可愛らしいですね。冬らしいレザー×ファーのトレンド感あるアイテムです。

ワイドパンツ

もはやコーデの定番になってしまいましたが、ワイドパンツもデザイン重視で選んでみたら、冬のコーデも一味変わるかもしれません。シルエット的にはゆるくなるので、アウターとどのように組み合わせるのかが、コーデのポイントになってきます。

引用:http://wear.jp/yachie/10783639/

深いスリットが印象的な上品な色のワイドパンツが主役ですね。あえてそのシルエットを隠してしまうロングコートに合わせてしまうのがこなれています。黒で統一したアイテムの中で緑のパンツが引き立ちますね。

スリットが入っているおかげで、ワイドパンツの裾の広がり方が美しく末広がりのシルエットになり、ワイドパンツ独特のすとんとしたシルエットになるのを防いでいます。

 

引用:http://wear.jp/noble292x5/10821049/

ビスチェ風のトップスが目を引きますが、実はオールインワン。キャミソール型のオールインワンという挑戦的なアイテムに、もこもこボリュームのコートを羽織った、個性が光るコーデです。

パンツ部分は縦の折り目がきれいなので、上品な印象を受けますね。ちょっとそこまで、というにはオシャレすぎますが、こんな方とすれ違ったら思わず振り返ってしまいそうですね。

 

引用:http://wear.jp/frame273x1/10828595/

トップスの綺麗なVネックと広い襟のコートが相まって、首から肩のラインがとてもきれいに見えます。肩から袖のラインがゆるやかにできたアウターは羽織るだけで女性らしいシルエットになりますね。

クラシカルなチェックのワイドパンツと、深い赤のヒールの相性は抜群ですね。上品さが出るので、足元からコーデを華やかにしてくれます。

 

まとめ

重ね着できる季節はコーデの幅が広がりますね。アウターひとつとっても印象が全然変わってくるし、アイテムの色合いでも微妙なイメージの違いがあります。お手軽にできるコーデから気合の入ったコーデまで、見ているだけでも楽しくなってきますね。こんなコーデはどうかなと考えているうちに、寒ささえコーデのアクセントとしてすんなり受け入れられそうです。

関連記事

  1. アウター

    パーカーレディースコーデ術!冬

    どんな年代の人でも着こなせて楽しめる“パーカー”、いつでもカジュアルで…

  2. アウター

    スカジャンレディースコーデ術!黒中心に

    ワイルドな印象のスカジャンですが、実は女子にもじわじわと人気が広がって…

  3. ボトムス

    黒スキニーレディースおすすめコーデ術!

    細身のパンツ・スキニーを、黒を選択してクールに着こなしたコーデをご紹介…

  4. 20代 ファッション

    プチプラコーデ20代冬!

    20代の女性向け冬におすすめのプチプラコーデをご紹介します。プチプライ…

  5. ボトムス

    紺のガウチョパンツコーデ術冬!

    ワイドパンツに近いものから、スカートのようなシルエットの出せるものまで…

  6. 30代 ファッション

    チュールスカートコーデ術冬30代アラサー!

    30代アラサー向けチュールスカートコーデをお届けします。冬のアウターは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 30代 ファッション

    冬服レディースコーディネート術30代!
  2. 30代 ファッション

    春ファッション!30代ママ特集!
  3. 夏 コーデ

    レーストップスコーデ特集夏!白中心に!
  4. 30代 ファッション

    ピーコートレディースコーデ術30代アラサー!
  5. ボトムス

    黒中心!ガウチョパンツコーデ術冬!
PAGE TOP