アウター

Gジャンコーデ術レディース秋冬!

ボーイズライクなGジャンで、オシャレな着こなしにするには?・・・答えはかんたん、Gジャンをアウターに選んだ時点でオシャレに気を遣っているのだから、あとはガーリーにキメるか、セクシーにキメるか、または、よりカジュアルにキメるかを意識さえすれば、じゅうぶんオシャレに着こなせます。Gジャンのごっつい生地感とイエローステッチが、女性の秘めた美しさを知らず知らずのうちに引き出してくれるんです。


スポンサーリンク

Gジャンコーデ レディース 秋冬 帽子スタイル

Gジャン×スカートに、ベレー帽でさらにフェミニンに仕上げたコーデを紹介します。ベレー帽の丸い形でやさしさもプラス。かぶりかたひとつで、スタイルアップやこなれ感も醸せるから便利アイテムです。Gジャンとの合わせの場合、ベレー帽は落ち着きのある色味にするのがおすすめです。

Gジャン×ビッグベレー帽

引用:http://wear.jp/ryonryon0153/8749154/

ややユーズド感の漂うビンテージライクなGジャンです。黒のワンピースを合わせてフェミニンな印象に。帽子はアクセントにもなっているビッグシルエットのベレー帽。斜めにかぶってこなれ感もばっちりです。

色味に程よいまとまり感があるので、足元は遊び心をだしてポイントに。ボーダー柄のソックスがひときわ目立ってオシャレです。黒のマニッシュシューズで、びしっと伝わる引き締め感がとてもGOODです。

Gジャン×ベレー帽

引用:http://wear.jp/ofuziii/8124128/

黒×白のクールなメリハリづけをしたおとなコーデに、Gジャンとサンダルでカジュアルにドレスダウン。袖先を短めにまくり上げてかわいさを出し、軽く羽織ればキュートさが加速します。

かっちりなベルトでウエストをマーク。濃紺Gジャンと相性の良い清らかな白スカートで脚長効果もばっちりです。黒のベレー帽のかぶり方が、身長を高く見せてくれる効果がでていて◎!


スポンサーリンク

Gジャンコーデ レディース 秋冬 アイスブルー×黒

爽やかな印象にしたい時は、アイスブルーのGジャンがおすすめです。パンツはブラックを選ぶと、クールコーデにさらに拍車がかかります。インディゴブルーのGジャンより色のコントラストがはっきりして、単調になりがちなGジャンコーデがかっこよくキマるんです!

Gジャン×ワイドパンツ

引用:http://wear.jp/aina13ts/9336401/

色落ち具合がひと目でわかる、リメイク風Gジャンです。胸の外付けポケットを外して本来の生地がお目見え。また、フロントの個性的な裾カットオフが脚長効果にもなっています。

一見メンズライクなGジャンですが、裾にタック入りなところや、ドロップショルダーでふんわり感をプラスしています。フレアなパンツと組み合わせれば、エレガントな着こなしが可能なんです。白キャップでハズしテクを投入しバッグで季節感をだした、おとなカジュアルコーデに仕上げています。

Gジャン×ストレートパンツ

引用:http://wear.jp/denimewebstore/10917077/

アイスブルーのGジャンを、ドロップショルダーに着こなしたという高度テク。おろしたヘアスタイルがよりナチュラルに広がります。トップスはパンツにインしていませんが、丈が短めなのでもたつかず好印象です。

パンツは黒でおとなの品格&引き締め感をプラス。スキニーほどではありませんが、ピタッと感があって細身に見え、ふんわりとさせたGジャンが一層際立っています。

Gジャン×スキニーパンツ

引用:http://wear.jp/wyftk1204/9270362/

ブリーチ加工でビンテージ感を醸したGジャンです。ヒップラインまですっぽり包んでくれるから、Gジャンでも簡単にゆるコーデができちゃうのが嬉しい。袖先をロールアップしないところが却ってこなれ感がでて◎。

ヘビメタのエッジを効かせたロックT、ひざにスラッシュの入った黒のスキニーパンツという超ハードなコーデ。Gジャンのブリーチ感がブラックコーデに軽さを与えてベストマッチです。


スポンサーリンク

Gジャンコーデ レディース 秋冬 ダブルデニム

難しいと思われているデニムonデニム。一歩間違えると、自分の趣向とは異なってカントリー風になってしまうことも。でもコツをつかめば大丈夫。上下のトーンを合わせても都会的にスタイリング、またはくっきり色味を変えてのメリハリ付けをデニムonデニムで叶えてみませんか?

肩掛けGジャン×マキシ丈スカート

引用:http://wear.jp/hana8787/6314580/

同じトーンのデニムを使用して上品カジュアルに仕上げたコーデ。濃いめブルーが洗練された雰囲気へと導きます。ジャストサイズのジャケットを肩掛けでふわり、ボトムスはマキシ丈というロングタイプ。このふたつの丈感が、コーデをバランスよく印象付けてくれます。

ジャケットのブルーを際立たせるため、インナーはヌーディーベージュを選択して。かっちり白のショルダーバッグがコーデに甘みを添え、黒の肩紐や黒チョーカーが品よくキマっています。

ふわっとGジャン×プレイフルジーンズ

引用:http://wear.jp/waniko1111/9195097/

裾カットオフGジャンを、背中にもってくるようにさせゆる感をだして。合わせたボトムスは遊び心の詰まった柄デニムパンツ。おとなのデニムカジュアルを、足元からの迫力出しに成功しています。

Gジャンのふんわりとした着方がおんな度を加速させます。グレーのベレー帽でフェミニンなやさしさ、黒のミニスカートを穿いてガーリーさもプラスしてGOODです。

フェミニンGジャン×淡青フレアパンツ

引用:http://wear.jp/wear10037/9054026/

レディライクなパールライクGジャンです。ボーイズライクな印象が一気に華やかコーデへと変わります。

ダブルデニムでボトムスがフルレングスの場合、裾にフリンジが施されてあったり、色がアイスブルーだとそんなに重たく感じません。また、Gジャンは短丈でボトムスと濃淡をはっきりさせると、美脚効果&脚長効果も発揮させてくれるからおすすめです。

インディゴブルーGジャン×ピンクワイドパンツ

引用:http://wear.jp/ymm5270/9316997/

相性抜群、コントラストがとてもきれい!濃いめのブルーのGジャンと、ピンクのワイドパンツのコーデ。メンズライクなGジャンにパンツで甘さを添え、お互いがお互いを主張し合っているかのようです。

ゆる×ゆるですが、コーデに野暮ったさはありません。それは、裾に細かなフリンジつきでリズム感を、そしてメンズライクなGジャンできりりと締めているから。ダブルデニムという同素材コーデを迫力満点に仕立てました。

Gジャンコーデ集レディース秋冬

引用:http://wear.jp/chicchimo5/10844705/

流行のグレンチェックはカジュアルにも着回ししやすいパンツスタイルで取り入れるのがオススメですそんなグレンチェックを使った秋冬コーデを垢抜けたタウンユースにも取り入れやすくしてくれるアウターにはGジャンが相性抜群です

スニーカーとGジャンでカジュアルダウンさせることで垢抜けた印象のコーディネートとしてバランスよく仕上がります

 

引用:http://wear.jp/ktksi501/10901432/

スカンツやワイドパンツなどこなれたリラックス感が魅力のマキシ丈ボトムスにはスタイルアップさせて見せてくれるGジャンが相性抜群です

上半身にボリュームをプラスさせることですっきりとしたバランスに仕上がりますGジャンなどアウターを選ぶ際には身長に応じて着丈を選ぶことがバランスアップへの近道です

引用:http://wear.jp/wear10056/10906966/

女らしいシルエットが魅力的なペンシルスカートとブーティーの組み合わせはシンプルで上品な王道モテコーデです

そんなIラインシルエットのコーディネートもアウターをGジャンにすることでより下半身をすっきりと見せてくれますまたGジャンの袖口をロールアップすることで華奢な手首を強調することもできます

引用:http://wear.jp/bell0622/10934860/

揺れる裾の広がりが女らしいマキシスカートは合わせるトップスやアウター次第では甘くなりすぎてしまうこともあります野暮ったくならずに甘さを抑えてくれるGジャンを取り入れることで垢抜けた印象のコーディネートに仕上げてくれます

レザーブーツで引き締めたり、スニーカーでカジュアルダウンしたりと仕上げたいイメージに合わせて足元を選びましょう

引用:http://wear.jp/komasan1106/7939540/

カットソーにロングプリーツスカートを合わせたオフィスカジュアルにも使えそうなシンプルコンサバスタイルもアウターをGジャンに足元をスニーカーにするだけで大人可愛いコーディネートにカジュアルダウンさせることができます

男女問わず受けの良い爽やかコーデに仕上げてくれる万能アイテムと言えるでしょう

引用:http://wear.jp/sizu0618/10707686/

ミニマムなデザインが大人っぽいマキシワンピーススタイルは一歩間違うとルーズな印象になることもそこでオススメなのがGジャンを取り入れた引き締めコーディネートです

素材やシルエットにメリハリをプラスしてくれるのでカジュアルな中に計算されたバランスを感じさせるこなれたコーディネートに仕上げてくれます

引用:http://wear.jp/sizu0618/10914753/

カットソーにワイドパンツを合わせたミニマムなコーディネートにはスニーカーとGジャンが相性抜群そんな王道コーディネートにはベレー帽や今年顔の鞄などの小物をプラスすると脱マンネリな垢抜けたスタイリングに仕上げることができます

色使いや素材選びにこだわることでシンプルなコーディネートもこなれた大人なコーディネートにアップデートできます

 

引用:http://wear.jp/dazzlin77/10946259/

コーデュロイなど秋冬素材のワイドパンツを取り入れたコーディネートには異素材ミックスなGジャンを合わせたコーディネートがオススメです素材感を楽しむコーディネートには引き算も重要ですのでトップスはシンプルなカットソーがオススメです

ニットビスチェなどを合わせる場合にはトップスの色に統一感を持たせることでパンツとアウターの邪魔をしないバランスに仕上がります

 

引用:http://wear.jp/sizu0618/10902111/

今年顔なグレンチェックパンツとベレー帽を合わせた秋冬コーディネートに軽やかさをプラスするにはアウターはGジャンがオススメです

Gジャンとスニーカーでカジュアルダウンさせることで可愛らしさをプラスすることができますシックな中にもカジュアルなリラックス感のある垢抜けコーディネートに仕上がります

 

引用:http://wear.jp/ungrasamid/10785327/

デニム×デニムのGジャンコーディネートは異素材ミックスな小物選びが重要なポイントコーディネートにメリハリを加えてくれる鞄や靴を選びましょうオールデニムコーデには足元はレザーシューズがオススメです

メリハリと引き締め効果をプラスできるレザーアイテムで小物に統一感をプラスしましょう肌寒い日には温もりを感じさせるニット素材の大判ストールなどもオススメです

 

引用:http://wear.jp/wear10056/10876876/

マキシ丈のボリュームスカートを甘くなりすぎずまたルーズになりすぎないように引き締めてくれるアウターといえばGジャンが大本命です

女らしい印象に仕上げたい人にはコンパクトなサイズ感のGジャンを選ぶことを勧めしますコンパクトなサイズ感や着丈で足長効果も期待できスタイルアップさせて見せてくれます

引用:http://wear.jp/piton0607/9292584/

ルーズフィットなビッグシルエットコーデには彼のアウターを借りてきたようなビッグサイズのGジャンも相性抜群ですルーズフィットなのに逆に女らしいそんな印象を与えてくれるのは抜き襟した着方がポイントです

また中にきたトップスはコンパクトにインして着ることで視線を上に引き上げてくれて効果的です

引用:http://wear.jp/tsuji0810/8670045/

スキニーパンツにパーカーニット帽の王道アクティブカジュアルコーデにはちょっぴり大きめなシルエットが存在感をプラスしてくれるGジャンを合わせるコーディネートが勧めです

レイヤードしたパーカーのフードをアクセントにすることでギークな中にこなれた印象を感じさせるカジュアルコーディネートに仕上がります

引用:http://wear.jp/yuko3776/8659891/

スキニーフィットなボトムスにコンパクトなパーカーとGジャンを合わせたミニマムシルエットなコーディネートにはアクセントになるシャツ使いがポイントです

ちょっぴりロックな印象のチェックシャツでこなれたカジュアルコーデに仕上がります足元にファーモカシンをプラスすることで可愛らしさも感じるコーデになります

引用:http://wear.jp/maarimo196/9198899/

トレンド感のあるベロアパンツともGジャンが相性抜群可愛らしい印象をプラスしたい人にはふんわりボリュームの柔らかタートルニットが勧めです

ただしメリハリのないシルエットになるとスタイルが悪く見えてしまうこともあるのでウエストマークしたりアップヘアで視線を上に引き上げたりとバランスに注意しましょう

引用:http://wear.jp/saama/9166126/

カジュアル可愛いスケーター風コーディネートにお勧めなのが着丈の長いビッグシルエットのGジャンですスキニーパンツとも相性抜群ですが実はカットソーワンピースなどとも相性がよく意外に着回しが良いのも魅力の一つです

ショート丈のブルゾンというよりモッズコートのようなバランスでのコーディネートがおすすめです

 

引用:http://wear.jp/iriewear29/8793370/

西海岸風のカジュアルコーデに欠かせないGジャンを使ったスタイリングも秋冬ではカウチンセーターやアランニットとレイヤードしたコーディネートがオススメです

Gジャンとニット素材アイテムの異素材ミックスは相性がよく着回しもやすいので覚えておくと便利なコーディネートテクニックの一つと言えるでしょう

引用:http://wear.jp/linaty003/9230232/

モード感のある大人カジュアルなコーディネートがお好きな人はGジャンもインディゴカラーがおすすめですラフになりすぎずにコーディネートを引き締めてくれます

インディゴカラーは子供っぽくなりすぎないのでパーカーやスニーカーなどのカジュアルアイテムと組み合わせてもルーズな印象になりすぎないのがポイントです

引用:http://wear.jp/nyoravv/3478434/

パーカーにGジャンをレイヤードした王道カジュアルなスタイリングも合わせるボトムスをスカートにするだけで可愛らしさをプラスすることができますその際に注意したいのが足元のバランスです

抜け感のあるカラータイツやソックスを使ったコーディネートがおすすめですもちろん足元はスニーカーでもワークブーツなどのレザーシューズでも相性が良く着回しも良いです

引用:http://wear.jp/yuko3776/8638638/

スウェットにGジャンを合わせたラフなカジュアルコーデは着心地も良く着回しもよく人気のスタイリングではないでしょうかそんなリラックスコーデをラフでルーズに見せないポイントは小物使いと全身のバランスが需要です

ラインソックスとスニーカーでスポーツミックスを強調しトレンド感をプラスしたりスタイルアップが期待できる顔まわりのストール使いなど小物で遊び心を演出しましょう

 

まとめ

Gジャンコーデ レディース秋冬、いかがでしたか?Gジャンだと、適度な重みがあるから肩掛けにもおすすめです。ボーイズライクなアウターから見える手の仕草は、自分が思っている以上に周囲を胸キュンにさせてしまうようです。また、襟をワイドに広げると小顔効果にもつながります。背中をダボっとさせるのも、ゆる感をだすのにおすすめな羽織り方です。

関連記事

  1. アウター

    ミリタリージャケットレディース秋コーデ術!

    コーデの主役・ミリタリージャケット。メンズライクなミリタリー調アウター…

  2. アウター

    スカジャンレディースコーデ術冬!

    気軽に辛口なイメージを取り入れられるスカジャンは、一度手に入れると癖に…

  3. アウター

    ギャザースカートコーデ術秋冬!

    女性はいくつになっても心はガーリー!寒い季節でも、ロマ~ンチックに広が…

  4. アウター

    ユニクロPコート着こなし術!

    ローティーンから似合ってしまうPコートは、正統派向け冬のベーシックアウ…

  5. アウター

    MA-1レディースコーデ術!黒中心に!

    オーバーサイズのアウターに慣れてきたのなら、今季はMA‐1にトライして…

  6. アウター

    ロングカーディガンコーデ術グレー秋!

    これから少し肌寒くなってくる頃、そんな時にちょっとした羽織は必須アイテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    ベージュ中心!Aラインコートコーデ術!
  2. 夏 コーデ

    アロハシャツレディースコーデ特集2017夏!
  3. 30代 ファッション

    アラサーファッションコーデ術! 秋デートにおすすめ
  4. アウター

    スカジャンレディースコーデ術秋冬!
  5. アウター

    ミリタリージャケットレディース秋コーデ術!
PAGE TOP