アウター

ライダースレディースコーデ術!ベージュ中心に!

女性らしく上質なコンサバファッション。ライダースジャケット・ベ―ジュなら、意外にも辛口というよりはお嬢様風に着こなしが可能なんです。今回はライダースジャケットを中心としたトレンディなミックスコーデを、まろやかなベージュメインにしてご紹介します。合わせたアイテムそれぞれが辛口になっていたり、テイストが異なっていても、ベージュメインで保守的なコンサバファッションを目指しましょう。


スポンサーリンク

ライダースコーデ ベージュ中心に!ワイドパンツと

エレガントなワイドパンツとのコーデからご紹介します。ベージュジャケットを羽織って冬の上質なファッションを確立させて。小物やアイテムで季節感をうまく取り入れたコーデを参考にしてみましょう。黒のライダースとは、ひと味違った冬のファッションになりますよ。

ブラックコーデにオン

引用:http://wear.jp/tanakay/11020278/

ワイドに広がるグレーのボトムスはニット素材のフレアパンツ。サイドのスリットが品のある肌見せを実現しています。赤のワンストラップサンダルが、足首にアクセントと引き締め感をプラスして◎。ベロア素材の靴なので高級感も加わりオシャレ上級者です。

トップスは黒を選択して落ち着かせつつ、ベージュのジャケットをきりりと引き立てています。黒のショルダーバッグもきちんと感がでていて、ベロアシューズと好相性。

白黒コーデにオン

引用:http://wear.jp/wear6000/8286236/

ハイネックのトップスで首周りあったかコーデ。胸元に抜け感を作れないので、その分足元はバブーシュを選んでバランスを取ります。黒のワイドパンツで絶大な存在感を放ち、トップスは白で軽さをだしてGOODなバランスです。

そこにショート丈のライダースジャケットをオン。色数を抑え、全体的にシックな装いに仕立てているところはさすがです!

甘めコーデにオン

引用:http://wear.jp/axesfemme/11012372/

襟とベルト部分にレースの施されているジャケットを、レーシーな袖先のトップス合わせで見事透明感を演出。レザーで辛口なのにフェミニンなジャケットなので、甘めな装いにもすんなりと溶け込むようにマッチしています。

首元のリボンチョーカーがアクセントになって◎。ファー素材のアクセサリーが、季節感をだしつつも顔まわりをやさしい印象にしています。ガーリーすぎにならないよう、グレーパンツでモダンな雰囲気をプラスしてハンサムレディに。

ダメージパンツにオン

引用:http://wear.jp/vence10/8893838/

暖かなボア付きベージュのムートンジャケットです。ライダースなのに色合いがやさしくてとってもフェミニン。ジーンズ合わせで清潔感漂う好印象なカジュアルコーデに仕上がっています。トップスは白で甘めなムード&暖かみをプラスしてグッド。ライダースジャケットのボアとニュアンスを合わせなじませています。

ビンテージライクなパンツは裾カットオフで遊び心を演出。足元の抜け感もばっちりです。くたっとしたバッグでもリラックス感を醸して◎!


スポンサーリンク

ライダースコーデ ベージュ中心に!ミニスカートと

ベージュ系ジャケット×ベージュミニスカートのコーデです。ライダースのワイルドな雰囲気がベージュ合わせで一気にやわらかく。また、ミニスカートなのでおとなかわいいを簡単に演出してくれる優秀コーデなんです。

ベージュワンピースにオン

引用:http://wear.jp/haushinka71/8409550/

ニットワンピースに短丈のライダースを袖を通さずオン。オフニュートラルカラーである、淡いベージュでの組み合わせを自然体に着こなして。ファーアイテムで季節感をだし、華奢な持ち手バッグでナチュラルコーデを品よく格上げしています。

ミニ丈のスカートできれいな脚見せを披露。また、ブラウンのアンクルブーツでおんならしさを品よく醸して。全体がワントーンなのに、単調ではない装いはまさに脱カジュアル。

ラップスカートにオン(ホワイト)

引用:http://wear.jp/deri1115/5920112/

ムートンジャケットでラグジュアリーな印象の冬アウターです。こちらはベージュではありませんが、色味がクリームを帯びているのでベージュ同様おすすめ。トップスはホワイトで清楚系ニット。ボトムスはチェックがかわいいベージュ系ラップスカートです。

3つのアイテムの、暖かみのある素材感がうまく調和し、女性らしいソフトな印象に導いて◎。キュートな装いに足元はブラックでおとな顔に引き締めました。

Aラインスカートにオン

引用:http://wear.jp/miya1028/6061387/

濃いめベージュでおとな顔にぴったりなライダースジャケットです。ボトムスは、同じくベージュでも淡い色味でテイストを変えればこなれ感を演出。フレアスカートのAラインが美シルエットに導きます。一見シンプルなスカートですが、ひざ上丈で美脚効果などのデザイン性に優れ、大人レディに仕上げてくれます。

トップスや足元は、白や黒でシックな落ち着き感を加えています。ボーダートップスはニット素材で暖かそう。抜け感のないコーデですが、ベージュという色が軽さを与えてくれるのでオシャレ完璧。


スポンサーリンク

ライダースコーデ ベージュ中心に!ベージュボトムと

ハードテイストの代表格・黒のライダースジャケットを、ベージュのボトムスで辛みを抑えたコーデをご紹介します。ベージュの色味がやわらかく全体に広がって。黒のレザージャケットをお持ちなら、今季はベージュ長めボトムスで甘さを出しながらのテイストミックスもおすすめです。

黒ライダースJK×ロングスカート

引用:http://wear.jp/jasmine3823725/8668858/

ネイビーのトップスに相性の良いベージュスカート。そこに黒のライダースジャケットをラフに肩掛けしたコーデ。コーデュロイのキャップがカジュアルさを加速させます。

たっぷりと生地を使ったスカートは、ハードなジャケットにガーリーさをもたらしてくれます。やさしげなベージュ遣いが好印象で◎。デコラティブなバッグがマッチすると思わせるコーデですが、シューズで立体感とリュクス感を演出するなんてさすがです!

黒ライダースJK×ワイドパンツ

引用:http://wear.jp/aphakata/6253949/

エレガントなワイドパンツはやさしげな薄いベージュ。白のボウタイシャツできれいな胸元を演出しています。また、縦を意識させるアクセントにもなっていて、こなれ感もばっちりOK。垂らしたボウタイがリラックス感、そしてベージュワイドパンツをエアリーに導きます。

キレイめコーデにハードなアウターも相性抜群。黒のライダースをオンし、カチッとシャツを普段着のようにドレスダウンするというミックスコーデの完成です。

まとめ

ベージュを中心としたライダースコーデはいかがでしたか?ナチュラルの定番、ベージュはどんなフォルムでも品よく昇華してくれます。また、洗練されたおとなの印象づけにもぴったり。今季ライダースコーデにチャレンジするのなら、フェミニンなベージュジャケットもぜひともおすすめです。

関連記事

  1. 冬 コーデ

    スキニーパンツ×ブーツレディースコーデ術!

    フィットした脚のラインが美しくキマるスキニーパンツ。キュッと引き締めた…

  2. 20代 ファッション

    冬服レディースコーディネート術20代!

    元気いっぱい!若さあふれる20代のための、冬服レディースコーディネート…

  3. アウター

    ガウンコートレディースコーデ術!

    ガウンコートレディースでの冬コーデをご紹介します。ガウンのコートで身を…

  4. ボトムス

    プリーツスカートコーデ特集冬! 

    エレガントからガーリーな雰囲気まで、どんなコーデにも合わせられるプリー…

  5. アウター

    ニットベストレディース着こなし術!

    コーデの雰囲気が変わるニットベストはここ最近のトレンドアイテム。でも、…

  6. アウター

    ライダースレディースコーデ術!スカートとあわせて

    バイカーアイテムであるライダースを、スカートと合わせてフェミニンムード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    ダッフルコートレディース30代コーデ術!
  2. 30代 ファッション

    ロングスカートコーデ術夏!30代におすすめのコーデ!
  3. 秋 コーデ

    アラサーファッション秋冬特集!カジュアル中心に紹介!
  4. アウター

    低身長のチェスターコートレディースコーデ術!
  5. アウター

    ミリタリージャケットレディース秋コーデ術!
PAGE TOP