ボトムス

黒中心!ガウチョパンツコーデ術冬!

黒を中心としたガウチョパンツコーデをご紹介します。黒というクールなガウチョに、トップスは何色を合わせるのが好きですか?ボトムスと同じく黒にしてブラックコーデにする?もしくは白を合わせてメリハリの効いた2色遣いもステキですね。


スポンサーリンク

黒中心!ガウチョパンツコーデ  黒トップス

上下共にブラックを基調としたコーデをご紹介します。印象的なトップスを合わせて、シックなコーデが一気に品格アップ!ガウチョパンツのエレガントな裾の広がりと、ふんわりとブラウジングさせたトップスの美しい競演です!

モノトーン刺繍トップス×ガウチョ

引用:http://wear.jp/wear10069/10930021/

ファーアクセからこぼれ落ちたような花柄刺繍がとってもドリーミ―。シックなモノトーン刺繍プルオーバーです。ボトムスは同色のガウチョパンツ。全体をブラック、小物はグレーというまとめ感の中に、差し色となる鮮やかな赤をソックスに選んでいます。ポイントとなる赤が、コーデをクールすぎになるのをやわらかく抑えてGOODです。

バッグは個性をだしてカゴバッグに。季節感をだすためファー小物でこなれ感をだしています。

キツネ花柄トップス×ガウチョ

引用:http://wear.jp/wear10010/10975502/

なんと小花柄を使ってところどころにキツネがお目見え。黒が基調のキツネ花柄ブラウスです。スタンドカラーが首元をすっきり見せてくれ、パフスリーブがエレガントな印象に導いて。

首の抜け感が作れないのですが、その分足元で肌見せをすればベストバランス。ガウチョパンツのフレアな感じが簡単に叶えてくれるんです。レースアップシューズでのお堅い印象を、白ソックス投入で清楚にやわらかく。


スポンサーリンク

黒中心!ガウチョパンツコーデ  ジャケット

ガウチョパンツにジャケットをオンしたコーデをご紹介します。メンズライクなのにかわいい!と思えるコーデを集めてみました。シックなガウチョパンツはショート丈のジャケットとも相性抜群。オールブラックコーデにこだわらないのなら、どこかに白を投入して軽さを演出してみて!

スタジアムジャンパー×ガウチョ

引用:http://wear.jp/00rk00/9172760/

裾の模様が上品なガウチョパンツに、スポーティーなスタジアムジャンパーをオン。意外な組み合わせですが、どちらもブラックが基調ということで溶け込み合い、裾の美しい幾何学模様がぐんとエレガントに押し上げ!また、シンプルなブーツが、模様入りガウチョパンツを際立たせるのに成功しています。ショート丈のジャンパーがパンツとの丈感と相性も良く、スタイルアップの整ったコーデです。

デニムジャケット×ガウチョ

引用:http://wear.jp/1010mkdvvb/4928653/

色落ち感がビンテージライクなデニムジャケットとのコーデ。二番目のボタンと、片方のみの胸ポケットのボタンを閉めて遊び心をちらりと演出。黒のリュックに黒スニでカジュアルさを加速させています。バッグの肩紐は長めにしてかわいらしさもプラス。

そこにオンした帽子は甘めな白のニットハット。ボーイッシュなコーデに、絶妙なバランスでおんならしさをアップデート。ハットに色を合わせたパール風ピアスが素敵です!

ミリタリージャケット×ガウチョ

引用:http://wear.jp/920maki02/5248164/

胸元にデコラティブなデザインの施されたミリタリージャケットとのコーデ。ジャケットのメンズライクと異なるニュアンスのお目見えで、このアイテムだけで甘辛ミックスができています。ノーアクセでも気分がアガるのが嬉しい。また、細身に作られているためボトムスはなんでも合わせやすいです。黒のガウチョパンツでクールなおんならしさを見事表現させました。

レザージャケット×ガウチョ

引用:http://wear.jp/maichu0318/5725475/

おとなしめのつや感が、レザージャケットのハードさをやわらかくさせたアウターです。黒のジャケットなのに裾のリブがはっきりでて、いい味を出しています。

ボトムスは揺れる裾が美シルエットに導くガウチョパンツ。ひざ下丈なので脚の肌見せが簡単にでき、抜け感を考えなくていいラクチンアイテムです。トップスはボーダー柄ですが、グレーと黒の組み合わせなので冬感が漂い◎。ブーティーとかっちりめなショルダーバッグがブラックコーデを格上げしています。

ライダースジャケット×ガウチョ

引用:http://wear.jp/chico123/5711698/

Aラインが美シルエットのガウチョパンツと、短丈のライダースジャケットのコーデ。このバランスだけでもベストですが、トップスをフロントインでさらにスタイルアップ。そのトップスは、ブラックコーデをやさしい印象にさせる甘めな白を選び、お堅い印象にはなりません。ブラックコーデに白を添えるという二色遣いが、今季注目されています!

ショートブーツのサイドにはアクセントとなるタッセルがついていてオシャレ。足元に揺れるリズム感が表れGOODです。

ロングジャケット×ガウチョ

引用:http://wear.jp/misakisan0123/5500794/

オンしているのはレトロなロングジャケット。色味の異なるガウチョパンツでメリハリを効かせ、白スニでかわいさをだしています。ジャケットの袖をぐっとアップさせた方に、大きめリュックをラフに肩掛け。するとレディライクなジャケットが、快活な元気コーデに変身です。

トップスは、ガウチョパンツ同様深みのある色にすれば、ロングジャケットの縦のラインを強調。Iラインがきれいにお目見えしています。スニーカー用ソックスとバッグチャームをオレンジにして、小物で温かみというちょいテクも◎。


スポンサーリンク

黒中心!ガウチョパンツコーデ ロングコート

ロングコート×ガウチョパンツはマニッシュにすっきりと着こなしたい。そんな望みを叶えてくれるのが、広がりの抑えられた、黒のガウチョパンツです。センタープレスできちんと感をだして、ロングコートの縦のラインを強調しましょう。ブラックの強さをほどよくダウンするには、コートの色味を黒に近いグレーや、ネイビーなどにして、ニュアンスを変えてみるといいですよ。

チェスターコート×ガウチョ

引用:http://wear.jp/kanegaemayuko/5776598/

長めのガウチョパンツと、同色のトップス、そこにベーシックなフォルムのチェスターコートをオン。あまり裾の広がらないガウチョパンツなら、かっこよくマニッシュに着こなしが可能なんです。トップスも黒にすればゴールドのネックレスとの相性ばっちり。おとなのブラックコーデが表れます。コートはカーキっぽい深みのあるグリーンにして、全体にやわらかさをプラスしています。

ダブルチェスターコート×ガウチョ

引用:http://wear.jp/hina1208/5766179/

折り目正しいセンタープレスがお目見えしたガウチョパンツです。クールなブラックのボトムスに、グレーのニットトップスや、ネイビーのコートでやさしさを加えています。コートは生地感がやわらかく、袖先をまくり上げてもどこかフェミニンな印象が漂って◎。金ボタンがダブルの存在感を強めながらも、地味になりがちなコーデに華やかさを演出してくれます。

トップスがハイネックなので、脚の肌見せでの抜け感が好印象。ショートブーツ合わせでキュートガールの出来上がり!

まとめ

フレアタイプのブラックガウチョパンツなら、クールさをキープしながらもかわいさを演出してくれます。着回し力の強い黒のガウチョで、おとなかわいい女子コーデもおすすめ。または、かちっとめなアウター合わせでハンサムレディを目指すのもカッコ良くて素敵です!

関連記事

  1. 30代 ファッション

    冬服レディースコーディネート術30代!

    普段の生活にメリハリが求められる30代。であれば、コーデにもどこかきゅ…

  2. アウター

    スカジャンレディースコーデ術!黒中心に

    ワイルドな印象のスカジャンですが、実は女子にもじわじわと人気が広がって…

  3. 冬 コーデ

    しまむらショートブーツコーデ術!2017-2018

    冬と言えばやっぱりブーツ!何足も欲しくなってしまいますが、お値段が気に…

  4. 30代 ファッション

    ムートンブーツレディースコーデ特集30代アラサー!

    寒い季節にしかお目見えしない季節商品ムートンブーツ。だからこそ、早め早…

  5. 冬 コーデ

    ニットワンピコーデ術!カーキ、白など

    ピタっと身体に張り付くようなニットワンピも女性らしくて良いですけど、最…

  6. アウター

    ライダースレディースコーデ術!ベージュ中心に!

    女性らしく上質なコンサバファッション。ライダースジャケット・ベ―ジュな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    おしゃれレディース スーツ 着こなしコーデ術!
  2. ボトムス

    ストライプズボンレディースコーデ術!秋冬
  3. アウター

    レディースブルゾン 秋冬コーデ特集!ネイビー中心に紹介!
  4. ボトムス

    チノパンレディースコーデ術スニーカー、ブーツ
  5. アウター

    2017-2018冬アウターレディースコーデ術!
PAGE TOP