アウター

ステンカラーコートレディースコーデ術!定番は何?

後ろの方が立つ感じに高くなっていて、前に行くほど落ちる感じの襟が特徴のステンカラーコート。定番色である、ベージュ、ネイビー、加えて特別にブルーを使ったコーデをご紹介します。このコートを使ったあなたの定番コーデは何?マニッシュにパンツ?またはガーリーにロングスカート?地味になりすぎない、定番の装いにぴったりな応用編をお届けします。


スポンサーリンク

ステンカラーコート 定番は何?ベージュコート×黒

まずはベージュのコートから。こちらの色はまさにステンカラーのテッパンカラー。ビジネスシーンに良く使われる色だけに、カジュアルにするならどこかに主張を取り入れたいもの。定番にもなる、黒合わせで上手に応用した装いをみつけました。今日のコーディネートに迷った時の参考にしてみましょう。

ベージュコート×小花柄マキシワンピース

引用:http://wear.jp/277035/9295518/

レトロガーリーな小花柄ワンピースは、少女のような可憐な着こなしが魅力です。おとなの女性が着るには、ベーシックな色味でそのガーリーさを抑えるのがいいですね。こちらはマキシ丈ほどのロングスカートを、ステンカラーコートをオンして見事大人の装いにワンランクアップしています。

靴は元気なハイカットスニーカー。抜け感もちら見せさせれば、こなれ感ばっちりです。リュックの太い肩紐が小花柄とアンバランスなのがいい味をだしています。

ベージュコート×黒プリーツスカート

引用:http://wear.jp/fsharuka/6079550/

コートの襟を覆うようにしてパーカーのフードをだしたおとなのフーディーコーデ。ベージュの色味を壊さないよう、明るめな色・白を選択し、気だるーい感じのアンニュイさを醸して◎。顔まわりがやわらかな印象になります。

それに反してキャップとスカートは黒で引き締めて。シューズは清潔感のある白スニで足元からヘルシーコーデに導きます。

ベージュコート×ワイドパンツ

引用:http://wear.jp/amichin/9307419/

ボーダーTといえばマリンですが、黒が太く首つまりタイプなので冬らしいアイテムです。そこにカジュアルさ抜群のデニムジャケットと、テイストの異なるステンカラーコートでミスマッチさを楽しんで。

ボトムスは黒のパンツでマニッシュ感をだしつつ、ワイドなゆる感が裾の動きをふんわりと演出してくれます。冬はダークカラーが多くなる季節。明るめコートと白スニで気分を晴れやかに行きましょう。

ベージュコート×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/plage0008/9069960/

くすみがかった深みのあるグリーンのプルオーバーとデニムパンツのコーデです。ボーイズライクには、ベーシックな色合いのステンカラーコートなら相性ばっちり。おとなのカジュアルコーデに導きます。

定番×定番コーデには、足元にはこだわりをもちたい。黒パンプスはポインテッドトウでエッジを効かせて◎。足の抜け感もヒールでセクシーにキマっています!

チェックコート×グレーパンツ

引用:http://wear.jp/erika97/10969948/

こちらもベージュのステンカラーコートです。グレーのパンツと合わせているので、チェックの柄がよりマニッシュな雰囲気を高めています。トップスはハイネックのプルオーバーなので、マフラーなしですっきりとした着こなしが可能。

靴はリュクス感漂う黒のレースアップシューズを選択。マニッシュな装いにはなくてはならないアイテムです。抜け感ゼロの、男前な着こなしに惚れ惚れ。


スポンサーリンク

ステンカラーコート 定番は何?ネイビーコート×インパクト

次におすすめな定番カラーはネイビーです。ネイビーはより聡明感を高め、スマートな女性に導いてくれます。着やせ効果もあるうえ、大人の品格アップにもつながります。ただ暗めな色なので、どこかに明るめなアイテムをもってくるとレディライクな印象に。

グレージュパンプスで上品に

引用:http://wear.jp/wear6000/9232380/

はっ水加工の施されたネイビーのステンカラーコートです。お気に入りのアウターなんだけど、濡れてもいいやと思えるのが1着でもあると大変便利です。

パンツはコートにトーンを合わせてグレーですが、パンプスは明るめな色味・上品なグレージュを選びました。ヒール高めなのでパンツスタイルが非常に美シルエット。パンツとの間に抜け感もあらわれ、まさにハンサムレディな仕上がりです。

赤バッグでインパクト

引用:http://wear.jp/wear10101/8940155/

ネイビー×ネイビーコーデに、自分らしさを取り入れた、赤のバッグでおんな度をアップさせたコーデ。色味がまるで正反対。ボリューミーなバッグが、シンプルな冬コーデを一気に華やかな雰囲気に押し上げました。

グレーのトップスに同色のキャップでまとめ感も◎。素材感も統一させていて、こなれ感もでています。ネイビーの深みのある色が、フロントにIラインを作り上げ、スタイルアップも抜群です。

袖ビッグファーが主役

引用:http://wear.jp/wear10084/8680977/

おとなの花柄スカートコーデ。ロングスカートだとインパクトが強すぎになる場合があるから、主張を控えたい人におすすめなのがミニ丈です。そこにネイビーのステンカラーコートをオン。袖先のビッグなファーを主役にしたいから、インパクトのある柄はミニ丈で正解!その他はブラックでまとめれば、ゴブラン風ミニスカートを使ったこのようなコーデが増える予感!


スポンサーリンク

ステンカラーコート  定番は何?ブルーコート×スカート

ビジネスライクなステンカラーコートなのに、あ、かわいい!と思えるファッションをみつけたのでご紹介します。ドット柄やデニム風生地で作られたコートで、フェミニンらしさを全面に押しだした印象的なコーデ。ブルーというクールな装いなのに、どこかノスタルジックで気持ちがほっこりしてしまいます。

ドット柄ステンカラーコート

引用:http://wear.jp/awatsumai/5814495/

キュートなドット柄ステンカラーコートです。ブルーというクールな色ですが、白の水玉模様がとってもガーリー。同じ丈感のブルースカートをボトムスにチョイスしました。ブルー×ブルーですが、ややニュアンスの異なる色味を組み合わせているためエレガントさが感じられます。スカートのプリーツ加工がやや太めなところもポイント。

デニム風ステンカラーコート

引用:http://wear.jp/iena1000/6171206/

デニムライクな生地を使用した、カジュアルなステンカラーコートです。素材感から生まれるメンズライクさを、やわらかなベージュ合わせで見事レディライクに仕上げて。

コートの前を開けたところに、さらに広がりを見せたワイドパンツですとんとした落ち具合を強調。足元のつや感のあるパンプスでおとなの品格を加えながら締めています。上質カジュアルな装いに合わせたのはおんならしさを加速するハンドルバッグ。やわらかな雰囲気の中にきゅっと締まった三角形もみられ、エッジを効かせたアクセントにも。

まとめ

ベーシックなコートだから、中はカジュアルでもオンスタイルでもどちらでもOK。ベージュのような明るめカラーであればどこかに深みのあるアイテムを、また、ネイビーのような暗めのカラーであれば、華やかなムードをどこかに投入すると好バランスに仕上がります。あなたの定番になりそうな気に入ったコーデはありましたか?ベーシックなアウターにいつもの定番コーデを決めておくと、朝の秒単位での身支度がぐっと楽になりますよ。

関連記事

  1. 冬 コーデ

    スキニーパンツ×ブーツレディースコーデ術!

    フィットした脚のラインが美しくキマるスキニーパンツ。キュッと引き締めた…

  2. アウター

    ロングコートレディースコーデ術くるぶし丈!

    くるぶしまでの超ロング丈のコートはシンプルなデザインでもインパクト抜群…

  3. アウター

    低身長のチェスターコートレディースコーデ術!

    ロングコートの裾をはためかせてカッコよく歩くのは背が高い方の特権ですが…

  4. アウター

    スカジャンレディースコーデ術!黒中心に

    ワイルドな印象のスカジャンですが、実は女子にもじわじわと人気が広がって…

  5. 20代 ファッション

    プチプラコーデ20代冬!

    20代の女性向け冬におすすめのプチプラコーデをご紹介します。プチプライ…

  6. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメルなど

    ちょっと肌寒い季節から、本格的な冬まで大活躍のライダースジャケット。黒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメルなど
  2. ボトムス

    ストライプズボンレディースコーデ術!黒中心に紹介
  3. アウター

    モッズコートレディース30代コーデ術!
  4. 30代 ファッション

    ママにおすすめスニーカーレディースコーデ術秋!
  5. 夏 コーデ

    アロハシャツレディースコーデ特集2017夏!
PAGE TOP