冬 コーデ

ユニクロコーデ冬!2017-2018

着回し力に優れた、ユニクロの商品を使っての冬コーデをご紹介します。今季は、通勤にもカジュアルにも使えるチェスターコートがユニクロのイチ押し!中のトップスはレッドやグリーンなど、深みのある色でインパクトをつけたのなら、コートはキャメルカラーやベージュで落ち着き感をだしましょう。


スポンサーリンク

ユニクロコーデ 冬! 2017‐2018 ハイネックセーター

ユニクロ・ハイネックセーターでのコーディネートをご紹介します。色違いで数着もっていると今季セーターには困らず、トップスでのレイヤードスタイルの幅がぐんと広がります。薄手だからアウターにも響かないし、ヘビロテ可能な万能アイテムです。

赤ハイネックセーター×ミニスカート

 

引用:http://wear.jp/richauennic1/8476644/

レッド、イエロー、ブルーという3色カラー組み合わせ。それぞれの色味が落ち着いていておとなカジュアルに仕立てています。スカートのベルトは付属のものではなくアウターに合わせたブルーをチョイス。小さなことですが、細やかなリンクをほのめかして。また、チラリと見えるメタル部分もオシャレのポイントになって◎。

ブルーとイエローの組み合わせだと冬には冷たい印象も。そこに暖かな素材の渋めレッドを合わせることによって、やわらかい季節感を加えることに成功しています。

赤ハイネックセーター×赤スニ

引用:http://wear.jp/miyu2uu/8646165/

ロングカーディガンはくすみのあるグリーン。セーターは赤ですが、アウター同様ディープな色合いなのでやりすぎ感がありません。足元は大胆に裾を折り曲げてアクティブに。シューズはトップスとリンクさせて赤を選びました。

全体を見ると肌見せを意識していないコーデですが、スニーカーで元気さをだしたりパンツの裏地を見せることによってポイントとなり、足元が軽くなります。この技でコーデが重たくならずGOODです。

黒ハイネックセーター×ロングベスト

引用:http://wear.jp/mocomoco0808/9101375/

生地をたっぷりと使って斬新なデザインを披露しているロングベスト。そこにユニクロの無地のセーターでベストを引き立たせています。ベストの柄に黒があるためまとめ感もばっちり。また、バッグの光沢のあるブラウンと、ベストのゴールドっぽい色味もさり気なくリンクしています。

ボトムスはレギンスで軽さを演出。シューズも黒なので、手と足の肌見せがはっきり表れとってもメリハリのあるコーデです。

黒ハイネックセーター×フレアスカート

引用:http://wear.jp/asuenohikari/8425643/

ユニクロのMA‐1&黒セーターで落ち着いた、シックな装いに仕上げています。濃いめグリーンのアウターなので、セーターと微妙に色の違いがでるというオシャレを楽しんで。バッグは、はっきりとグリーンの色をだし、アウターとの合わせがGOODです。

トップスが渋めなのでスカートは思い切りフェミニンに。白レースの爽やかなスカートはミニ丈のフレアタイプ。ガーリーなイメージを目いっぱい披露しています。足をクロスしたポーズも完璧です!


スポンサーリンク

ユニクロコーデ 冬! 2017‐2018 ケーブル編セーター

ややボリュームのあるケーブル編みセーターをご紹介します。編み方も特徴的なので、デザイン性に富んでいるばかりか、胸元にオシャレ感をだすのに最適。だからノーアクセでも十分満足できちゃいます。なおかつうるさくないデザインなので、どんなネックレスでも相性ばっちり。

黒セーター×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/shi9x6x/8983074/

黒のトップスとデニムパンツのコーデ。セーターの色を活かして、ネックレスでインパクトをつけています。デニムパンツにきれいにオールタックインすることにより、ダメージデニムが品よくキマっています。パンプスとの抜け感もセクシーさが増して◎。

ブラウンのボーホーシックなロングアウターを引き立たせるため、セーターは無地にしていいバランスです。

赤セーター×デニム肩掛け

引用:http://wear.jp/e723/8405190/

赤のニットトップスを主役に、ダブルデニムでアクティブさをだした元気コーデ。パンツは大胆な裾ロールアップで裏地見せ、ジャケットの袖先アップはひと折り。ロールアップというイメージは上下で同じですが、ほんのちょっとニュアンスを変えることによってコーデにメリハリが表れています。白スニとの間にちらりと見える肌見せがベストバランス。

緑セーター×クロップドパンツ

引用:http://wear.jp/pyon0775/9068304/

ショート丈ダッフルとグリーンのセーターのコーデ。深みのあるグリーンが、ダークグレーのアウターと相性ばっちり。また、丈感も合わせているのでまとめ感も◎。そこにほんの少しシャツの裾見せでアクセントをほのめかして。

足元は、かわいらしいバイカラーのレースアップシューズ。二色遣いがとってもフェミニンです。そのシューズと黒のソックスを目立たせるように裾はクロップドさせこなれ感もばっちり。


スポンサーリンク

ユニクロコーデ 冬! 2017‐2018 ロングアウター

ユニクロのアウターでのイチ押しは、コアカラーである黒やグレー、また紺など。もちろんキャメルカラーもです。ユニクロのロングアウターで、シックな色合いのものを選んでみました。トップスの合わせも重要ですが、靴の合わせも注目してくださいね。

ノーカラーコート

引用:http://wear.jp/tamukichi/9230565/

ユニクロのノーカラーコートはカジュアルコーデにもぴったり。切りっぱなしの裾フリンジがポイントのデニムスカートは、ロング丈ではないので野暮ったさはみられません。シューズはちょっと大きめサイズをチョイスしてかわいさも演出。

リュクスなバッグはセーターとニュアンスを合わせて絶妙な統一感が◎。ラフなコーデに合うよう、くしゅっと持ってバランスを整えました。

フード付きコート

引用:http://wear.jp/abcherry07/8781776/

エレガントな感じの漂うシンプルなコート。おとなのフーディーコーデが楽しめます。セーターはビッグタートルネックでコートとのメリハリをつけて。小顔効果も期待できます。

タイツは黒ですが、デニールの低いタイプを選んでいるので脚長効果が期待できます。ダークグレーのブーツと色の統一感も。きゅっとなった足首が、大きめブーツによってさらに細見えに成功しています。

ダウンコート

引用:http://wear.jp/nao432/9000430/

暖かなダウンコートとグレーワンピのコーデ。ボリューミーなアウターなので、その分ヘアスタイルはすっきりとまとめて好バランスです。

足元はごつめのメンズライクなシューズ。コートとニュアンスを合わせてオシャレです。そこでソックスはノルディック&かわいさが漂うガーリーなものをチョイスし、メンズライクの強みをぐんと抑えています。首元同様、脚の肌見せも抜かりなしで◎。

ユニクロコーデ 冬! 2017‐2018 中折れハット

ユニクロの店舗に行くと目線の高さに気になるハットがきちんと陳列。小顔効果のある、そしてやわらかな素材の中折れハットをご紹介します。ニットハットもいいけれど、カジュアルすぎにさせることなく、寒さから守ってくれる優秀アイテムなんです。中折れハットで存在感を高め、冬のおでかけお帽子の定番にしましょう。

ブラウン中折れハット

引用:http://wear.jp/holipolin/8734712/

ユニクロのハットで上にポイントをおき、シューズはヒールの細めのもので華奢感をだしたコーデ。アウター、ボトムス共にブルーでメンズライクさがみられるため、ハットは柔らかな印象のブラウンを選択しています。

ジャケットのジップを開けてトップスのグレーを披露させ、パンプスとリンクが表れてグッドです。ヘアスタイルもウェーブがかかっていて軽さが見られ、ナチュラルなイメージが◎。ハットがとってもよく似合っています!

ブラック中折れハット

引用:http://wear.jp/reizuccotto/3241015/

ユニクロの黒ハットでクラシックさを演出したコーデ。ツヤ感がリュクスな印象にさせる赤のパンプスはコーデのスパイス。ピンヒールがとってもセクシーですが、ソックスを履くことによってそのハードさをうまくダウンさせています。

赤のスカートでパンチを効かせて、黒を足すことによって少しモダンな印象に。ハットの黒が、全体をクラシカルに引き締めています。

2017-2018 冬のユニクロコーデ集

引用:http://wear.jp/moimaru6/11377818/

くたっとしたニットベレーとグレーのコーディガンで魅せたふんわり感をブラックのショルダーバッグ・シューズが機能的で引き締まった印象にまとめています。

手の甲を覆う袖丈がフェミニンさを強調し、ペンシルスカートはハイウエストに配置することでボトムスをスッキリとしたラインに表現しています。ラウンドネックのトップスをゆったり目に合わせると、まっすぐになり過ぎず自然に理知的な雰囲気を醸し出してくれます。

引用:http://wear.jp/nacop04/11422705/

ワインレッドのカットソーとブラックのブーツカットパンツが肌色を明るく魅せています。ファー素材のコーディガンにホワイトを選択するとフォーマルになり過ぎず、シューズも同色のローヒールに揃えてしまうことで

全体的な可愛らしさを際立たせる効果を持たせています。それぞれのアイテムがダイカットなので、バックルのついたベルトを着用すると、さっぱりとしつつフレアな印象になります。

引用:http://wear.jp/iwakiyo1129/11410816/

グリーンのトップスにセットアップの必然性を持たせるためにホワイトのダウンジャケットがまとまりよく配置されています。ブラック系統のボトムスをパキッと魅せるためにボルドー色のカラータイツが用いられています。

膨らみのあるハイネックをボトムスのスリットが歯切れの良いセットアップへ定義づけており、お顔を明るく映す効果も手助けしています。

引用:http://wear.jp/koumai/9003742/

ネイビーのダッフルコートがブーツカットのボトムスやクルーネックのカットソーにまとまりを与えています。バッグのストラップに重たさがあることでヘアスタイルをふんわりと魅せており、なだらかなAラインを表現しています。

ペタッとしたスニーカーがラインに底辺を持たせ、全体的に暖かさの感じられるコーディネートとなっています。

引用:http://wear.jp/mami5472/9354248/

ライトグレーのパーカーにブラックのライダースを合わせるとモダンな印象になります。同系色のプリーツスカートを配置するとユニセックスなスタイルを維持しつつふんわりとした姿になり、肌色を健康的なものに保ってくれます。

ホワイトでハイカットのスニーカーがフォーマル過ぎない女性らしさを定義付けており、ダークグレーのキャップはまとめ髪をさらっと落ち着いたシルエットに魅せてくれます。

引用:http://wear.jp/kikuchiami/6204584/

明るいセットアップにブラックのテーラードジャケットでガラッとした変化を持たせています。クルーネックのベストにブラウスを合わせることで適度にフォーマルな印象になります。

タックインせず少しゆったりとしたクロップドパンツにブラックのシューズを配置すると全体が縦長になり、アクティブなフットワークを連想させてくれます。

引用:http://wear.jp/seagreensky/5838797/

アンクル丈のパンツが全体のマニッシュさを定義づけています。ソックスとシューズも重みのあるものをセットし、モノトーンでまとめたコーディネートにライトベージュのトレンチコートをカジュアルに羽織ることで

硬すぎないスタイリッシュな女性らしさを表現しています。フードが適度なアクセントとなりシンプルで洗練された印象を持たせることができます。

引用:http://wear.jp/kii1225/8738653/

ぼてっとした定番のブーツをしっかりと活用したコーディネートでは、スキニー感のあるボトムスが自然なAラインにまとまりのあるカラーバランスを付加しています。

フロントジップのくっきりとしたダッフルコートでトップス全体を覆うとよりアウターもフェミニンなシルエットになり、大きめのリュックが頼もしいアクセントになってくれます。

引用:http://wear.jp/m11/8634662/

大きなカラーのコートがお顔を明るく魅せています。ボタン外したまま着用することで重たくなり過ぎずぼってり感を残すことができます。

Vネックのシャツはゆったりとしたセットアップをすっきりとさせ、トートバッグと統一感を持たせることでアクティブな女性を演出します。ブラウンのベルトがボトムスのシワを整頓し、シューズをよりスタイリッシュに魅せています。

引用:http://wear.jp/sabakodesu4/9152081/

裾を中心に重い質感のあるコートがスッキリとしたセットアップに柔らかい女性らしさをプラスしています。斜めに切り返したポケットが硬さとの中間を担い、デニムのシャツを鮮やかに魅せています。

クロップドに折り込んだボトムスにスリップオンのスニーカーを配置するとコートのキッチュな側面をガーリーに残すことができます。

引用:http://wear.jp/sanohitomi/8973378/

全体をブラック系統に揃えることでストッキングのデニールにアクティブな印象を持たせています。高めのヒールがアウターを洗練されたイメージへと配置し、ベレー帽のキッチュさを引き立たせています。

モノトーンのセットアップがアクセサリーやバッグを自然でかっちりとしたアクセントに魅せ、ガーリーでスタイリッシュなコーディネートになっています。

引用:http://wear.jp/minamadaaa/9121054/

ピンクのブルゾンで柔らかくまとまったセットアップにレッド系のソックスがファッションに慣れた大人の印象を持たせてくれます。

クルーネックのカットソーがロングヘアに質感をプラスし、ボトムスやバッグのフレアな幅感にストレートのラインを追加でき、ふんわりとした可愛らしさを保ちつつもすらっと伸びたシルエットになっています。

引用:http://wear.jp/ari0818m/11389543/

袖の持ったりとした濃紺のセーターが印象的なコーディネートにブラウスのくしゃっとした襟がセレブ感を演出しプレーンなバッグに抑揚を持たせています。

ベージュのトレンチコートがネイビー系の裏地を持っているためインナーとのバランスを取りやすく、パンツのレングスやシルエットとも良好な相性となっており、スニーカーが適度にカジュアルなまとまりを魅せています。

引用:http://wear.jp/natsu0315/11395414/

ユニークな持ち手のトートバッグにスポーティなジャケットがシンプルにマッチしており、ブラックに統一されたトップスとペンシルスカートに色彩感をプラスしています。

スニーカーがローカットであるため、レギンスとの相性が良好なものとなっています。ショルダー周りがゆったりとしているためより明るいヘアスタイルに魅せることができます。

引用:http://wear.jp/rabbitmonkey/11388563/

チェックのスカートをハイウエストにホワイトのクルーネックを合わせることでダイカットな印象を定義づけています。

ファー素材のジャケットとバッグが柔らかさをプラスし、イヤーアクセサリーがより華やかなものへと変化します。カラータイツとスニーカーがキャップと合わさってアクティブでフットワークを連想させてくれます。

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/8765264/

クルーネックのビッグなピンクファー・セーターが非常にフェミニンな印象を与えますが、シューズやブルゾンに光沢のあるブラックを配置することで飾りすぎない華やかさを自然に定義づけています。

ショルダーバッグのストラップがボトムスのスキニーレングスとの共通項を持たせ、全体的に明るくやわらかい肌色をイメージさせてくれます。

引用:http://wear.jp/tsuji0810/5920607/

ギンガム系のカットソーにデニムスカートがレギンスやシンプルなスニーカーの存在をスッキリと魅せており、イエローベージュのニット帽はライトグレー系統のパーカーと確かな共通点をキープしています。

ダウンジャケットをリュックと同じブラックにすることでスポーティでマニッシュな印象を与えつつもぼってりとした可愛らしさを定義づけています。

引用:http://wear.jp/yfa09722/11387134/

モスグリーンのカットソーがさりげないアクセントとなっているコーディネートは、バイカラーのジャケットが明るくふんわりとしたバストアップを表現しており、ヘアスタイルも大人過ぎない暖かみのあるものへとシフトさせています。

ベルトとバッグをブラック系統に統一することでシルエットに直線をプラスしており、ストレートレングスにトップスをタックインさせるとホワイトのスニーカーが必然的な配置となってくれます。

引用:http://wear.jp/meghal8/11427417/

ブラックのミニマムなショルダーバッグをコートの内側に配置することで、自然でキッチュな可愛らしさをイメージできます。ボーダー柄のカットソーにホワイトのパンツをタックインで着用すると、

ふんわりとしたコートを同系色に揃えながらダイカットなアクセントをストレートに加味させることができます。スッキリとしたスニーカーのホワイトは、ガーリーなコスメ感とマニッシュさに共通項を持たせています。

引用:http://wear.jp/yunpi/11354404/

オーバーサイズのパーカーを中心に配置したコーディネートは、ロング丈のレギンスをアンクルでくしゃっと折りまとめることでモノトーン系統にフェミニンな統一感を持たせています。

アウターとトップスを正反対の明度にすることで肌色が明るいトーンになり、クリーム色のバッグがより柔らかくぼってりとしたシルエットになります。

定番のスニーカーが、足元をシンプルに彩ってくれるため、主張しすぎない可愛らしさを手助けしてくれます。

 

まとめ

ユニクロのアイテムを使ったおすすめのコーディネートをご紹介しました。色違いで購入するのもオシャレの幅がワイドになりますが、サイズ違いで買ってみるのも、もっと楽しくなりますよ!好みのカラーをひとつ決めて、そこから広がるオシャレを楽しんでくださいね。

関連記事

  1. 30代 ファッション

    冬ニットワンピ コーデ術30代グレー!

    ニットワンピースは秋冬コーデに取り入れたいトレンドアイテム。いろいろな…

  2. ボトムス

    プリーツスカートコーデ特集冬! 

    エレガントからガーリーな雰囲気まで、どんなコーデにも合わせられるプリー…

  3. アウター

    ガウンコートレディースコーデ術!

    ガウンコートレディースでの冬コーデをご紹介します。ガウンのコートで身を…

  4. アウター

    パーカーレディースコーデ術!冬

    どんな年代の人でも着こなせて楽しめる“パーカー”、いつでもカジュアルで…

  5. 30代 ファッション

    冬服レディースコーディネート術30代!

    普段の生活にメリハリが求められる30代。であれば、コーデにもどこかきゅ…

  6. アウター

    低身長のチェスターコートレディースコーデ術!

    ロングコートの裾をはためかせてカッコよく歩くのは背が高い方の特権ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 春 コーデ

    スカート春コーデ術!30代大きいサイズも!
  2. トップス

    仕事に使えるブラウスコーデ術秋冬 
  3. 冬 コーデ

    ユニクロコーデ冬2017-2018!
  4. 30代 ファッション

    ブーティコーデ術!30代アラサー冬コーデ
  5. 春 コーデ

    ロングカーディガンコーデ術!グレー、カジュアルに!
PAGE TOP