アウター

秋冬におすすめステンカラーコートレディース特集!

秋冬におすすめ!ステンカラーコートをご紹介します。なぜおすすめかというと、オーバーの仲間にしてはやや薄手で、もこもこしない。訪問先では、ダウンだと室内では脱がなくちゃ失礼にあたるが、ステンカラーコートだとちょっとの間だったら脱がなくてもOK!

トレンチコートも素敵だけど肩にインパクトがあるし・・・。肩のなめらかなラインを美しく演出してくれるステンカラーコートは、あなたの最強の相棒です!


スポンサーリンク

秋冬におすすめステンカラーコートレディース ベージュ

ベージュのステンカラーコートはもっていて損はさせません!いろんなシーンに役に立つんです。カジュアルにもオフィスコーデにも◎。コートの色で迷ったらぜひベージュを選択してみて!

ベージュコート モノトーンコーデ

引用:http://wear.jp/chambredecharmeclef/2046538/

太めボーダーのワンピースは嬉しい綿100%のやさしい肌触り!しかも長袖なんです。ステンカラーコートの前ボタンを開ければインパクト大。首元とスカートの裾が黒なので、落ち着いたおとなカジュアルな雰囲気にさせる効果が。ワンピースのボーダーを強調させるため、コートはベージュを選択して正解。

左襟につけたブローチが顔の印象を明るくさせてくれ上品にキマっています。誰でも簡単にできるテクニックなので、真似したい小物遣いです。

ベージュコート 白トップス×黒ボトムス

引用:http://wear.jp/bachi1205/4798888/

ニット帽がボリューミーなのと、白トップスのロゴがやや上にあるのでスタイルアップ効果につながります。そこに黒のパンツで引き締めるとさらに脚長効果が。

モノトーンのコーデをベージュのコートが明るくブラッシュアップさせています。白のシューズを合わせてよりライトな印象に。

ベージュコート ギンガムチェックセットアップ

引用:http://wear.jp/mamecome1226/9574092/

まるでパジャマ??と思わせるようなチェックのシャツとパンツのセットアップコーデです。でもその印象とは裏腹に、きちんと裾をクロップド、そして磨き上げられたシューズ、さらにトップスは第一ボタンまできちんと留めていて絶大に好印象です。前髪をニット帽に納めたヘアスタイルもなかなか!

バッグの中を不思議そうにのぞき込むその表情がユニークで、丸メガネと共にキマっています!

明るめベージュコート チェックシャツ×デニムパンツ

引用:http://wear.jp/skkmt914/9481901/

白に近い薄いベージュのステンカラーコートです。ライトな印象ではずみをつけて。濃紺デニムパンツはきちんとロールアップしてハイカットシューズを強調。ひざ部分に加工されたダメージは左右共に同じ高さで、几帳面なニュアンスを感じられます。

トップスは白の細めラインのチェックシャツ。バッグとトーンを合わせた濃いめブルーで、ステンカラーコートの清らかな薄ベージュを引き立たせます。


スポンサーリンク

秋冬におすすめステンカラーコートレディース ブルー

濃いめブルーのステンカラーコートをご紹介します。第一ボタンもしっかり留めると、ブルーの重みや真面目な印象を与えるばかりでなく、寒さからも首元を守ってくれる優れもの。また、ボタンを開けて中のトップスを見せる小技も、トレンチコートより簡単にサマになるんです。

ブルーコート クロップドデニムパンツ

引用:http://wear.jp/shinm/6351003/

濃いめブルーのステンカラーコートは、きちんと第一ボタンまで閉めてお嬢様風にしっくりキマっているコーデ。だが茶髪とヘアアクセでハズしたアンバランスさが新鮮でオシャレ!快活&品のある笑顔についこちらもつられそう。

クラッチバッグのトレンド小物でスパイスを効かせ、コーデを思う存分に楽しんで。シューズはバッグとトーンを合わせ白を選択し、甘めをプラスしたところも好印象です。

ブルーコート 白ストライプオフショル

引用:http://wear.jp/ships_1403woi/9187579/

トップスもボトムスも白で甘さを出しつつも、ブルーのステンカラーコートが引き締めてくれたコーデ。白の着こなしを美しいラインで見せつけることができるのも、ブルーのステンカラーコートならではの技!ウエストマークのフェミニンなリボンがちら見え。

際立つスカーフ柄のバッグがなんともオシャレ!ノーアクセでも十分輝きを振りまいています。


スポンサーリンク

秋冬におすすめステンカラーコートレディース ブラック系

黒系のコートは年齢を問わず女性をセクシーに見せてくれます。ネイビー同様着やせ効果があるのですが、細めシルエットのサイズを選ぶとアームホールも細めになるため、トップスにセーターなどは不向きになるから注意してくださいね。

黒×白コート 黒ハイヒールコーデ

引用:http://wear.jp/lithiumfemme/2932660/

黒と白の細かなストライプ模様のアウターに飽きたのなら、さらにフェミニン度高めの白×黒の柄はいかがですか?できる女を見せつけてくれ、品のいいスタイルへと導きます。アウターを主役にしたいから足元はすべて黒でまとめて。シューズは高めヒールにすれば手抜き感もなし!

黒コート 黒シューズコーデ

引用:http://wear.jp/murua_staff/5581932/

黒のコートに白のハイネック、そしてカーキのスカートでおとなの落ち着き感を出したコーデ。ミニスカートからちらっと見える健康的な抜け感は、ステンカラーコートがまるでスリットのような役目をしているから。ダブルのコートでは出せない自然な小技なんです!

秋冬におすすめステンカラーコートレディース カーキ

メンズライクなコーデが好きな人におすすめな色が、ずばりカーキです。好きな色は必ず自分に似合う色だから自信をもって。ステンカラーコートレディースなら、女らしくエレガントな印象にできちゃうんです!ボタンは昔ほど男女の区別がなくなってきましたね。

カーキ色コート 超ロング

引用:http://wear.jp/plage0001/8508772/

まるでガウン?とおもわせるほどのロングなステンカラーコート。流れるような美シルエットが女っぷりをアップさせています。だが、足元は黒のスニーカー、デニムパンツでカジュアルにドレスダウン。袖をくしゅっとアップさせたところも適度にハズしていてアクティブな印象に。

カーキ色コート カーキ×グレー

引用:http://wear.jp/wear6000/6055918/

中にダウンを着てのあったかコーデ。やや薄手のステンカラーコートには、大きめサイズを選べばこのようなレイヤードもありです!インナーのカーキのシャツは、メンズライクながらもゆるふわっとさせてどこかフェミニン。ちらっと見えるダウンとシューズのトーンを合わせたところは細かなオシャレ。このダウンは…ベストなのか否かなのかが気になります!

カーキ色コート ダメージデニムパンツ

引用:http://wear.jp/murua_staff/5631541/

袖先がワイドで裾が丸みのあるデザインのコートは、カーキ色ですが女性らしいやわらかな印象に。ボタンの間隔がやや広めでゆったり感が漂います。そこにショートのヘアスタイルは、赤みがかった美しい色でコーデを華やかにさせています。

冬でもこのくらい大きくダメージ加工された淡青デニムパンツも、ステンカラーコートの力で違和感はありません。真面目な中にも遊び心満載のミックスコーデです!

秋冬におすすめステンカラーコートレディース レッド

秋冬と言えばハートウォーミングな色が恋しいですよね。オレンジだと明るすぎ・・・と躊躇しているひとにおすすめなのが、おとなカジュアルの色・赤のコートです。

レッド系コート ネイビー×グリーン

引用:http://wear.jp/wear10094/8758839/

温かみのある色、赤のステンカラーコートに黒の大きめボタンがかわいい!中に着ているパーカーはネイビー、そしてロールアップされたパンツはグリーンを選びボーイズライクをミックス。さらに帽子はキャップ、シューズはスニーカーという徹底ぶり。大きめトートバッグの持ち手をクロスさせ、ポケットに両手を入れたお茶目な立ち姿にも注目です!

レッド系コート グレー×ブラック

引用:http://wear.jp/chizu10/5449617/

レッド系ステンカラーコートを肩掛けした、シンプルだが実に貫禄のあるファッション。グレーのトップス、黒のパンツのシックさが明るめなレッドのアウターを引き立たせます。シューズはボトムスに合わせて黒のスニーカーでまとめて。アウターが重めな分足元はパンツの裾をクロップドして抜け感を作り上げたところはさすがです!

秋冬おすすめステンカラーコートレディース集

引用:http://wear.jp/apart11058/8240959/

シンプルなトップスにトレンドのワイドパンツという組み合わせも、オールブラックなら洗練されたスタイルに。アウターには、ブラックと相性の良いキャメルのステンカラーコートを羽織りました。

コートの袖は無造作にたくし上げて、こなれ感のある着こなしに。コートの前は開けて着ることで、縦長なラインを強調。スラリと脚長に見えるオススメのコーディネートです。

引用:http://wear.jp/apon/8398515/

ボーダー柄のカットソーにデニムパンツという定番の組み合わせには、ステンカラーコートを合わせました。トレンチコートほどかっちりしていなくて、ほどよく女性らしさのあるステンカラーコートは

オススメのアイテム。袖をまくって、インナーのボーダー柄をチラ見せしたのがポイントです。足元には甲が深めのブラックのシューズを合わせて、全身のバランスを調整。巾着型のかごバッグはコーディネートに抜け感をプラスしてくれます。

 

引用:http://wear.jp/wear10094/7955976/

シンプルな白Tシャツには、半端丈のブラックのワイドパンツを合わせました。長めに垂らしたウエストのベルトが、縦長なラインを作ってくれます。アウターには、オーバーサイズが今年らしい

ベージュのステンカラーコートを羽織って。メンズっぽい着こなしがかえって新鮮です。ブラックのベレー帽に、足元はソックス+スニーカー合わせで小物使いも抜かりなく。差し色にブルーのバッグをプラスしました

 

引用:http://wear.jp/wear9006/8488395/

シンプルなブラックのトップスに、インディゴデニムを合わせた大人カジュアルスタイル。ウール素材のステンカラーコートは、ブラックやインディゴと相性の良いキャメルをチョイス。

温かみのある素材感と相まって、女性らしい雰囲気が漂います。ファー素材の帽子を被って季節感たっぷりの着こなしに。バッグと靴はブラックで統一して、コーディネートを引き締めました。

 

引用:http://wear.jp/kuroyun/4938476/

ホワイトのプルオーバーパーカーに、ブラックのスキニーパンツを合わせたシンプルなコーディネート。アウターには、ブルーやグリーンが鮮やかなチェック柄のステンカラーコートを合わせました。

コートの袖はまくって、手首を見せるのが女性らしく着こなすポイント。ブラックのリュックにホワイトのスニーカーで、カジュアルなスタイルに仕上げました。

 

引用:http://wear.jp/bunpati/8527931/

ウール素材のステンカラーコートは、ダークグレーが落ち着いた雰囲気。首元にゴージャスなファーのマフラーをプラスして、華やかに着こなしました。大きめサイズのブラックのバッグには、

ファーのチャームを付けて可愛らしさをプラス。足元は、ヒールのデザインが個性を感じさせるブラックのショートブーツ。グレーとブラックでまとめた大人なコーディネートです。

 

引用:http://wear.jp/mamecome1226/8435600/

ナチュラルな素材感が魅力のベージュのワンピースには、ネイビーのステンカラーコートをプラス。クタッとした素材のコートだから、かっちりとしすぎず、リラックス感のある着こなしが叶います。

キャンバスバッグにスニーカーを合わせて、カジュアルなコーディネートにまとめました。ホワイトのターバンはトレンド感をプラスしつつ、目線をアップしてくれる便利なアイテムです。

引用:http://wear.jp/sahomin1124/5518058/

深いグリーンのVネックニットに、ブラックのスキニーパンツを合わせたスタイル。パンツの裾はブーツにインして、メンズライクな雰囲気に。アウターには、淡いベージュのステンカラーコートは

チョイス。薄手の素材感に明るいベージュは、コーディネートにほどよい女性らしさをプラスしてくれます。かっちりとしたブラックのバッグで、きちんと感もプラスしました。

引用:http://wear.jp/rer39p7/5337739/

シンプルなホワイトのトップスに、ブラックのミニスカートを合わせたレディなスタイル。潔く脚を出して、女性らしく着こなしています。足元はホワイトのソックスにブラックのパンプスを合わせて、

かっちりとした雰囲気を演出。アウターにはライトブルーのステンカラーコートを羽織りました。優しいブルーがコーディネートをフェミニンにまとめてくれます。

引用:http://wear.jp/pekoringo/8313761/

赤ベースのチェック柄シャツに、ブラックのスカートを合わせたカジュアルなスタイル。アウターには、明るいベージュのステンカラーコートを合わせました。ステンカラーのデザインが、

カジュアルスタイルをほどよく綺麗めに仕上げてくれます。足元は、ブラウンのソックスにブラックのブーツを合わせてバランス良く。ソックスと同じブラウンのニットキャップを被って、コーディネートに統一感を出しました。

引用:http://wear.jp/38hnt/9281280/

袖口のフリルが可愛らしい白のシャツには、太めシルエットが新鮮なインディゴデニムを合わせました。白シャツにデニムという定番の組み合わせも、凝ったシルエットやデザインのものを選べば、

こんなにも垢抜けたコーディネートに。アウターには、淡いベージュのステンカラーコートを肩掛け。ビッグシルエットが抜け感を演出してくれます。ボルドーのソックスにメンズライクな黒のシューズを合わせて、少し綺麗めに仕上げました。

引用:http://wear.jp/sahomin1124/9083996/

赤と青のボーダー柄が可愛らしいトップスには、太めシルエットのインディゴデニムを合わせました。デニムの裾を大きくひと折りするだけで、グッと今年らしい着こなしに。ブラックのブーツはヒール

高めで、スタイルアップが叶います。アウターには、鮮やかなオレンジ色のステンカラーコートを合わせました。暗くなりがちな秋冬スタイルも、ビビットカラーのアウターならパッと華やかに仕上がります。

引用:http://wear.jp/akiko1218/8810879/

シンプルな黒のニットに、ブルーのダメージデニムを合わせたカジュアルコーディネート。レザーのライダースジャケットと、ウール素材のステンカラーコートを重ね着したのがポイントです。

あたたかみのある素材感のコートは、デニムやライダースジャケットのハードさをほどよく和らげてくれます。足元は素足に赤のパンプスを合わせて、女性らしさをプラスしました。

引用:http://wear.jp/2007330/9154825/

白地にネイビーのボーダー柄が爽やかなカットソーには、明るいベージュのワイドパンツを合わせました。アウターには、カジュアルな素材感のステンカラーコートをチョイス。ネイビーに白のボタンが

アクセントになって、マリンな雰囲気のコート。バッグはキャンバス地のものを、スニーカーは白を選んで、明るく清潔感溢れるカジュアルコーデに仕上がりました。

引用:http://wear.jp/mmkooounmor/9301262/

タイトなシルエットの黒のニットに、チェック柄のフレアスカートを合わせたスタイル。ブラウン系のチェック柄が季節感たっぷりです。ウエストに巻いたボルドーのベルトがさりげないアクセント。

アウターには、ウール素材のステンカラーコートを羽織りました。薄めのキャメルが女性らしい雰囲気です。足元は黒のタイツとローファーで、スッキリと綺麗めなコーディネートに仕上げました。

引用:http://wear.jp/yk811/9190806/

鮮やかな赤いトップスに、ブルーのスキニーデニムを合わせたスタイル。トップスをデニムにインすることで、メリハリのある着こなしに仕上がっています。アウターにはネイビーのステンカラーコート

をチョイス。膝までのロング丈で、大人っぽく着られるコートです。足元はブラックのパンプスで女性らしさをプラス。ベージュのハットはコーディネートに優しい雰囲気をプラスしてくれます。

引用:http://wear.jp/usabichhhi/8720786/

シンプルな白のトップスには、ブラックのジョガーパンツを合わせました。ブルーのデニムジャケットはボタンをきちんと閉めて、シャツ風の着こなし。デニムジャケットの上には、秋冬らしい素材の

ネイビーのステンカラーコートを羽織りました。アウターを重ね着せるだけで、グッとこなれたコーディネートに仕上がります。定番アイテムで真似しやすいカジュアルスタイルです。

引用:http://wear.jp/ayalilyflower/6215042/

丈が短めのホワイトのニットは、裾のラインがカジュアル感たっぷり。太めのストレートラインが今年らしいインディゴデニムに合わせました。アウターは、少しかっちりとしたデザインのベージュの

ステンカラーコートをチョイス。カジュアルスタイルにほんのり綺麗めな要素をプラスしてくれます。ピンク色のキャップとチェーンバッグで、遊び心溢れる着こなしに。バッグに巻いたカラフルなスカーフも、コーディネートのアクセントになっています。

引用:http://wear.jp/ks11211202/9186944/

白黒のボーダー柄カットソーには、鮮やかな赤いフレアスカートを合わせました。足元はブラウンのロングブーツで、季節感溢れる着こなしに。アウターには、ベージュのステンカラーコートを羽織りま

した。カジュアルスタイルに少しだけ綺麗めな雰囲気をプラスしてくれるコートです。黒のベレー帽で、全身を引き締め。ブラウンとベージュのバッグを合わせて、コーディネートを馴染ませました。

引用:http://wear.jp/im1204/6276983/

ライトブルーとアイボリーのボーダー柄が爽やかな印象のニット。ボトムスには半端丈が軽やかな白のワイドパンツを合わせました。アウターに羽織ったのは、カジュアルなデニム素材のステンカラー

コート。デニム素材のおかげで、グッとこなれた着こなしに仕上がります。足元には、イエローのハイカットスニーカーを差し色にプラス。元気溢れるカジュアルコーディネートに仕上げました。

 

まとめ

あなたが気になった色のコートはありましたか?ステンカラーコートとは、元は男性用の外套。主にビジネスシーンによく使われていたそうですね。後ろの方が高くなっている襟で、一歩間違えばオジサマ風。でもここ近年は女性でも、真冬を除く秋から春にかけてオーバーとして着こなす姿が定着しています。コートがおとなしめの無地なので、ボトムスはトーンを合わせなくてもOK!また、バッグやシューズで個性をだすのもオシャレです。

関連記事

  1. アウター

    ポンチョレディースコーデ術!秋冬

    身にまとう大判ストールのような、中途半端なイメージのあるポンチョや、冬…

  2. アウター

    キルティングコートレディース着こなし術!

    これからの季節はアウターが欠かせなくなりますが、オシャレでいて防寒にも…

  3. トップス

    ユニクロセーターレディースコーデ術

    ユニクロのロゴは、アルファベットで「UNIQLO」が好きですか?それと…

  4. アウター

    ライダースレディースコーデ術!キャメル

    ライダースジャケットをもっとオシャレに、そして自然に着こなすにはどうし…

  5. アウター

    ライダースコーデレディース秋冬特集!

    ライダースコーデは誰もが一度は憧れたことがあると思います。まだ手にした…

  6. 30代 ファッション

    ママにおすすめスニーカーレディースコーデ術秋!

    動きやすくて、近頃若者を中心に人気沸騰のアメカジの定番“スニーカー”。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 30代 ファッション

    冬服レディースコーディネート術30代!
  2. 夏 コーデ

    レディース腰巻コーデ特集夏!
  3. 冬 コーデ

    冬コーデレディース特集!2017-2018
  4. 10代 ファッション

    ガーリーファッションコーデ特集夏10代!
  5. アウター

    チェックシャツコーデ術秋冬!アウターのおすすめは!?
PAGE TOP